ワルター・トランプラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワルター・トランプラー
生誕 (1915-08-25) 1915年8月25日
出身地 ドイツの旗 ドイツミュンヘン
死没 (1997-09-27) 1997年9月27日(82歳没)
学歴 [[]]
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴィオラ奏者
担当楽器 ヴィオラ

ワルター・トランプラーWalter Trampler1915年8月25日 - 1997年9月27日)は、ドイツミュンヘン生まれの名ヴィオラ奏者。[1][2]

略歴[編集]

父親から音楽の手ほどきを受ける。1933年ミュンヘンベートーヴェンヴァイオリン協奏曲を弾いてヴァイオリニストとしてデビューする。ヴィオリストとしては1935年に、モーツァルト協奏交響曲を弾いてデビューをする。1939年アメリカにわたり、その後ニュー・ミュージック弦楽四重奏団やリンカン・センター室内楽教会のメンバーを務めた。ほか、ジュリアード音楽院ニューイングランド音楽院などの教授を歴任し、カシュカシャン今井信子などを指導している。

録音[編集]

著名弦楽四重奏団などと共演や、交響曲「イタリアのハロルド」の録音が残されている。

脚注[編集]