レッド・サークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors)は、イギリス ロンドンに拠点を置く出版社。現代日本文学を専門とする。[1][2][3]

概要[編集]

2016年、リチャード・ネイサン(Richard Nathan)と近谷浩二が、レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors)を設立。[4] ロンドンと東京の2拠点で活動している。

優れた日本文学を世界に広めるべく、同社のメンバーである日本の作家とその作品の広報活動を行なっている。[2][5]設立の背景について、具体美術協会(ぐたいびじゅつきょうかい)からインスピレーションを受けたとしている。

また、日本文学にまつわる出版事情・歴史・文化に関するニュース、分析、評論をウェブサイトで発信している。[6][7]

現在、レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors)は、白石一文田口ランディ中村文則花輪莞爾角田光代ロジャー・パルバース(Roger Pulvers)の6名の作家で構成されている。

現在、海外向けに翻訳されたレッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors)作家の作品は限られている[8]が、作家の多くは国内の文学賞を受賞しており ―例えば、 直木賞(角田光代 2005年、白石一文 2010年)や、芥川賞(中村文則 2005年)など ― また映画化・テレビドラマ化された作品も多数ある。[9][10][11][12][13]

海外で高い評価を得ている作家もおり[14][15]、中村文則が2014年にデイビッド・グーディス賞(The David L. Goodis Award)を受賞するなど国際的な文学賞も受賞し始めている。

出版物[編集]

レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors)の出版レーベルは「Red Circle」。同レーベルの初シリーズ「レッド・サークル・ミニ(Red Circle Minis)」として書き下ろし短編3作品を英訳し、2018年11月23日(勤労感謝の日)に発表した。日本語版は未発表。[16][17]

  • 白石一文『スタンド・イン コンパニオン(原題:代替伴侶)』[18][19][20][21]
  • 花輪莞爾『バックライト(原題:逆光線)』[22][23]
  • ロジャー・パルバース『トウキョウ パフォーマンス』[24][25]

レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors)のこのシリーズの取り組みは、評論家から「大きな本を小さなサイズに詰め込むのではなく、むしろ長年日本の伝統である簡潔な文体を讃え、それを本という形に落とし込んだもの」と賞された。[26][27]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "ジャパニーズ・ライターズ・ハウス(Japanese Writers' House)とレッド・サークル(Red Circle)が提携" AuthorLink: Writers & Readers Magazine. 2017年6月30日
  2. ^ a b Kosaka, Kris (2018年12月22日) "レッド・サークル・オーサーズ: 日本文学を西へ届ける" The Japan Times.
  3. ^ Charkin, Richard (2019年2月13日) "小さなインディーズ出版社から学ぶ9つのレッスン" Publishing Perspectives. (引用: 2019年2月13日)
  4. ^ "日本の書き下ろし小説、英で出版 現代文学を世界に紹介" Yahoo News Japan. 2019年2月20日(引用: 2019年4月20日)
  5. ^ "人模様:日本の小説、海外に発信 リチャード・ネイサンさん、近谷浩二さん" 毎日新聞
  6. ^ "レッド・サークル ファクトブック(Factbook)が100記事突破―もはや百科事典だ" ジャパニーズ・ライターズ・ハウス(Japanese Writers' House) 2018年3月30日
  7. ^ "ザ・サークル(The Circle), レッド・サークルのウェブマガジン―日本の文学、文化、出版に興味のある全ての人へ。" レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors) (引用: 2019年2月3日)
  8. ^ Tasker, Peter (2019年1月28日) "文学の強気市場に見る日本文学の復活" Nikkei Asian Review. (引用: 2019年1月30日)
  9. ^ 角田光代原作 映画作品
  10. ^ 白石一文原作 映画作品一覧
  11. ^ 中村文則原作 映画作品一覧
  12. ^ 田口ランディ原作 映画作品
  13. ^ 『星砂物語』原作・監督:ロジャー・パルバース
  14. ^ "世界が認め始めた白石一文" レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors) 2017年11月22日
  15. ^ "掏摸(スリ): ミステリー・レビュー" The Wall Street Journal 2012年3月17日
  16. ^ "日本の書き下ろし小説、英で出版" 共同通信 2019年2月20日 (引用: 2019年2月20日)
  17. ^ "レッド・サークル(Red Circle) 出版プログラム" レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors) (引用: 2019年2月3日)
  18. ^ 白石一文 (2018) 『スタンド・イン コンパニオン』イギリス: レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors)刊. ISBN 1912864002
  19. ^ Gattig, Nicolas (2019年1月26日) "アンドロイド、不妊、倫理が交錯する白石一文の暗黒小説 スタンド・イン コンパニオン(Stand-in Companion)" The Japan Times
  20. ^ "スタンド・イン コンパニオン(Stand-in Companion) レビュー" The Complete Review 2018年11月27日
  21. ^ Gebhardt, Lisette (2019年4月4日) "現代日本文学における哲学的パラダイム" Literatur Kritik. 2019年4月20日アーカイブより(引用: 2019年4月20日)
  22. ^ 花輪莞爾 (2018) 『バックライト』イギリス: レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors)刊. ISBN 1912864045
  23. ^ "バックライト(Backlight) レビュー" The Complete Review 2018年11月27日
  24. ^ ロジャー・パルバース (2018) 『トウキョウ パフォーマンス』イギリス: レッド・サークル・オーサーズ(Red Circle Authors)刊. ISBN 1912864029
  25. ^ "トウキョウ パフォーマンス(Tokyo Performance) レビュー" booksonasia.net,Books on Asia. (引用: 2019年2月3日)
  26. ^ Rollmann, Hans (2019年3月15日) "賢い人の小さな本: レッド・サークル・ミニというポケットサイズの日本小説" PopMatters. (引用: 2019年3月16日)
  27. ^ Harris, Will (2019年4月17日) "レッド・サークル・ミニ コレクション―日本の新しいストーリー3作" Books And Bao

外部リンク[編集]