ヤコバス・ニコラース・ウェスタホーヴェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤコバス・ニコラース・
ウェスタホーヴェン
誕生 (1947-08-16) 1947年8月16日(71歳)
オランダ王国
職業 大学教授
言語 オランダ語英語日本語ドイツ語フランス語ラテン語ギリシャ語
国籍 オランダ王国
教育 DRS.(文学修士・論文、ライデン大学大学院)
M.A.(文学修士・課程、ペンシルベニア大学大学院)
最終学歴 ライデン大学文学部英語科大学院
ペンシルベニア大学大学院英米文学専攻課
代表作 『De stenen getuigen』(『石の来歴』のオランダ語翻訳版)
主な受賞歴 野間文芸翻訳賞
テンプレートを表示

ヤコバス・ニコラース・ウェスタホーヴェン(Jacobus Nicolaas Westerhoven、1947年8月16日 - )は、オランダ王国出身の文学研究者翻訳家

弘前大学教育学部英語教育講座で教授を務める。アメリカ文学日本文学翻訳学を専門にする。研究の概要は「19世紀後半のレアリズムの発展とウィリアム・ディーン・ハウエルズの役割」である。

「Jacques Nicolaas Westerhoven」(ジャック・ニコラース・ウェスタホーヴェン)と表記する場合もあり、省略してジャック・ウェスタホーヴェン(ジャック・ウェスタホーベン)の場合もある。英語の著書で「James N. Westerhoven」「James Westerhoven」(ジェームズ・ウェスタホーヴェン)を使用する。

1975年から日本弘前大学教育学部教員を務め、イギリス文学アメリカ文学英語国際理解コミュニケーション等を教えている。日本の学会「日本アメリカ文学会」、「アメリカ学会」、「青森県英語教育学会」と、アメリカ合衆国の学会「Modern Language Association」に所属する。

1998年に弘前大学教育学部助教授になり、1999年から個人研究として、ウィリアム・ディーン・ハウエルズとアメリカ文学のレアリズムの発展をテーマにしている。2000年から2003年の個人研究のテーマは、日本の小説家村上春樹の小説『ねじまき鳥クロニクル』のオランダ語訳である。

2000年10月、奥泉光芥川賞受賞小説『石の来歴』のオランダ語訳『De stenen getuigen』(1998年に翻訳出版)により、講談社主催の第11回野間文芸翻訳賞を受賞した[1]。翻訳の分野では、日本文学のオランダ語訳、英語訳での業績の他、アメリカ文学の日本語への翻訳を模索している。2002年から2005年は、国際共同研究として、「日本近現代文学における津軽文化に関する研究及び海外への紹介」をテーマにした。

趣味はワイン、特にイタリアワインである[2]

自身の豊富な学習体験と現場での教授経験から、外国語学習を楽器(特にピアノ)の練習にたとえて説明することが多い。すなわち、毎日の継続的な訓練こそ上達への近道だということである。

非常に流暢な日本語を話すが、英語教育講座の学生と話す際は一貫して英語を用いている。

来歴[編集]

著書[編集]

翻訳書
  • 太宰治
    • 『The Dandy's Progress』(英語訳『おしゃれ童子』) 弘前大学教育学部紀要 1982年9月
    • 『Return to Tsugaru: Travels of a Purple Tramp』(英語訳『津軽』) 講談社インターナショナル 1985年1月
  • 谷崎潤一郎
    • 『Kruisende lijnen』(オランダ語訳『卍』) Meulenhoff 1989年9月
    • 『Stille sneeuwval』(オランダ語訳『細雪』) Meulenhoff 1994年1月
    • 『Visioenen van een wandelend skelet』(オランダ語訳『青い花』) Meulenhoff 1995年
  • 三島由紀夫
    • 『Drie verhalen』(オランダ語訳『憂国』『橋ずくし』『真珠』) Meulenhoff 1990年
    • 『Fonteinen in de regen』(オランダ語訳『雨の中の噴水』) Meulenhoffの雑誌『De Gids』 1996年11月
  • 大江健三郎
    • 『Schreeuwen in de nacht』(オランダ語訳『叫び声』) Meulenhoff 1996年9月
  • 奥泉光
    • 『De stenen getuigen』(オランダ語訳『石の来歴』) Meulenhoff 1998年1月
    • 『The Stones Cry Out』(英語訳『石の来歴』) Harcourt Brace 1999年1月
共著
  • 『Voices from the Snow Tsugaru in Legend, Literature, and Fact』 弘前大学出版会 2009年9月 ISBN 978-4-902774-50-4
論文等
  • 「Autobiographical Elements in the Camera Eye」 - Duke University Pressの雑誌『American Literature』 48巻 1976年12月
  • 「Time Streams in As I Lay Dying A Key to an Interpretation?」 - 日本アメリカ文学会東北支部『東北アメリカ文学研究』6号 1982年
  • 「Paterson V Coda or Continuation?」 - 弘前大学教育学部紀要77号 1997年3月
  • 「Beauty and Language in Paterson」 - 弘前大学教育学部紀要78号 1997年10月
  • 「Poets and the World: Walt Whitman and the German Expressionists」 - 弘前大学教育学部紀要79号 1998年3月
  • 「"Some Shouted His Name": God, Suffering, and Charity in "The Fixer"」 - 日本アメリカ文学会東北支部『東北アメリカ文学研究』22号 1998年
  • 「De tweede broodjesroof」 - Meulenhoffの雑誌『De Gids』167巻10号 2004年10月
  • 「Er sprongen zeven kikkertjes: Biologische belemmeringen in de haikuliteratuur」 - Meulenhoffの雑誌『De Gids』168巻5号 2005年5月
  • 「Life with the Tsugaru Shamisen: An Interview with Yamada Chisato」 - 『地域学』3巻 2005年6月
  • 「Past, Present, and Future of Tsugaru Shamisen: An Interview with Matsuki Hiroyasu and Nishikawa Yoko.」 - 『地域学』7巻2009年3月

脚注[編集]

外部リンク[編集]