ホルヘ・ロンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロンドン第二姓(母方の)はエルナンデスです。
ホルヘ・ロンドン
Jorge Rondón
福島レッドホープス #57
Jorge Rondón on August 2, 2015.jpg
ボルチモア・オリオールズ時代 (2015年8月2日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 グアリコ州カラボソ
生年月日 (1988-09-16) 1988年9月16日(30歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 アマチュア・フリーエージェントとしてセントルイス・カージナルスと契約
初出場 2014年6月29日 ロサンゼルス・ドジャース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホルヘ・レオナルド・ロンドン・エルナンデスJorge Leonardo Rondón Hernandez, 1988年9月16日 - )は、ベネズエラグアリコ州カラボソ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。ベースボール・チャレンジ・リーグ福島レッドホープス所属。

経歴[編集]

プロ入りとカージナルス時代[編集]

2006年7月3日にセントルイス・カージナルスと契約。この年は傘下のルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・カージナルスで10試合に登板し、0勝1敗1セーブ・防御率6.46だった。

2007年はルーキー級ベネズエラン・サマーリーグで17試合に登板し、1勝6敗2セーブ・防御率4.74だった。

2008年アパラチアンリーグのルーキー級ジョンソンシティ・カージナルス英語版で21試合に登板し、2勝2敗6セーブ・防御率4.03だった。8月にA級クァッドシティズ・リバーバンディッツ英語版へ昇格。8試合に登板し、1勝0敗・防御率3.24だった。

2009年はA+級パームビーチ・カージナルス英語版で8試合に登板し、0勝1敗、防御率7.71だった。7月からA級クァッドシティズでプレー。10試合に登板し、1勝5敗・防御率4.27だった。

2010年はA級クァッドシティズで29試合に登板し、4勝8敗・防御率5.30だった。

2011年はA+級パームビーチで21試合に登板し、1勝5敗6セーブ・防御率4.05だった。6月にAA級スプリングフィールド・カージナルスへ昇格。37試合に登板し、1勝8敗7セーブ・防御率9.16だった。

2012年はAA級スプリングフィールドで33試合に登板し、2勝1敗4セーブ・防御率3.44だった。8月にAAA級メンフィス・レッドバーズへ昇格。13試合に登板し、0勝1敗1セーブ・防御率3.60だった。オフの10月30日にカージナルスとメジャー契約を結び[1]40人枠入りを果たした。

2013年はAAA級メンフィスで51試合に登板し、3勝5敗1セーブ、防御率3.06だった。

2014年はAAA級メンフィスで開幕を迎えた。4月17日にジョー・ケリーが故障で離脱したため、メジャーへ昇格した[2]が、登板のないまま4月21日にAAA級メンフィスへ降格した[3]。6月29日にメジャーへ再昇格し[4]、同日のロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビュー。6点ビハインドの7回裏から登板し、1回を無安打無失点1四球に抑えた[5]。6月30日にAAA級メンフィスへ降格した[6]。その後はメジャーへ昇格することなく、この年は1試合の登板にとどまった。AAA級メンフィスでは51試合に登板し、5勝4敗10セーブ、防御率3.03だった。

ロッキーズ時代[編集]

2014年11月3日にウェイバーコロラド・ロッキーズへ移籍した[7]

2015年はロッキーズで2試合に登板後、5月2日に戦力外となった[8]

オリオールズ時代[編集]

2015年5月10日にウェイバーでボルチモア・オリオールズへ移籍した[9]。オリオールズ加入後は8試合に登板したが、防御率7.43だった。ロッキーズとの合算では10試合に投げ、防御率は13.19だった。10月20日にバンス・ウォーリーの加入に伴って戦力外となった[10]

パイレーツ時代[編集]

2015年10月26日にウェイバーでピッツバーグ・パイレーツへ移籍した[11]。12月23日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級インディアナポリス・インディアンスへ配属された[12]

2016年6月18日にメジャー契約を結んで25人枠入りした[13]。2試合に登板後、6月24日にDFAとなり[14]、マイナー契約に切り替えてシーズン終了まで在籍した。

中日時代[編集]

2016年12月13日にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだが、ウインターミーティング中日ドラゴンズが獲得交渉を行い、12月28日に獲得が決定した[15]

2017年1月5日に保有権を譲渡され、翌6日に中日への入団が正式発表された[16]。背番号は91。一軍で4試合登板したものの結果は振るわず、シーズン終了後契約保留選手名簿から外れ、自由契約となった[17]

2018年シカゴ・ホワイトソックス傘下2Aのバーミングハム・バロンズに入団したが、5月10日に契約解除で退団した[18]

福島時代[編集]

2018年6月27日、ベースボール・チャレンジ・リーグ福島ホープスに入団したことが発表された[19]。福島では主に中継ぎおよび抑えとして20試合に登板し、自責点0で2勝1敗6セーブという成績だった[18]。福島への入団は、NPBで再度プレーすることが目的と述べている[18]

選手としての特徴[編集]

救援投手として、スリークォーターから、最速99mph(約159km/h)・平均96mph(約154km/h)の速球フォーシームツーシーム)と、平均88mph(約142km/h)のスライダーを中心に使用し、その他に平均85mph(約137km/h)のチェンジアップも使う[20]

3Aでの通算奪三振率は6.8、与四球率は3.7となっている[20]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 STL 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 1.0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
2015 COL 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 15 1.0 8 0 3 0 0 1 0 0 11 10 90.00 11.00
BAL 8 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 66 13.1 20 3 6 0 0 8 1 0 15 11 7.43 1.95
'15計 10 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 81 14.1 28 3 9 0 0 9 1 0 26 21 13.19 2.58
2016 PIT 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 3.2 9 1 1 0 0 4 1 0 7 7 17.18 2.73
2017 中日 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 4.2 7 0 2 0 2 4 0 0 3 3 5.79 1.93
MLB:3年 13 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 105 19.0 37 4 11 0 0 13 2 0 33 28 13.26 2.53
NPB:1年 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 4.2 7 0 2 0 2 4 0 0 3 3 5.79 1.93
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

MLB投手記録
NPB投手記録

独立リーグでの投手成績[編集]










































W
H
I
P
2018 福島 20 2 1 6 0 .667 20.1 79 15 0 15 5 0 2 0 0 0 0.00 1.00
通算:1年 20 2 1 6 0 .667 20.1 79 15 0 15 5 0 2 0 0 0 0.00 1.00
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 68 (2014年)
  • 62 (2015年 - 同年途中)
  • 57 (2015年途中 - 2016年、2018年 - )
  • 91 (2017年)

脚注[編集]

  1. ^ Jenifer Langosch (2012年10月30日). “Cardinals add righty Rondon to 40-man roster” (英語). MLB.com. 2015年10月21日閲覧。
  2. ^ “Cardinals place Joe Kelly on 15-day D.L.” (英語). Cardinals Press Release. MLB.com. (2014年4月17日). http://m.cardinals.mlb.com/news/article/72403444 2015年10月21日閲覧。 
  3. ^ “Cardinals recall pitcher Tyler Lyons” (英語). Cardinals Press Release. MLB.com. (2014年4月21日). http://m.cardinals.mlb.com/news/article/72856214 2015年10月21日閲覧。 
  4. ^ “Cardinals recall Rondon from Memphis; option Fornataro” (英語) (プレスリリース), MLB.com (, (2014年6月29日), http://m.cardinals.mlb.com/news/article/82221256 2015年10月21日閲覧。 
  5. ^ Scores for Jun 29, 2014” (英語). ESPN MLB (2014年6月29日). 2014年7月10日閲覧。
  6. ^ Jenifer Langosch (2014年6月30日). “Cards recall top prospect Taveras, option Rondon” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/82371806/cardinals-return-top-prospect-oscar-taveras-to-major-leagues 2015年10月21日閲覧。 
  7. ^ “Rockies claim RHP Jorge Rondon off waivers from St. Louis” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2014年11月3日), http://m.rockies.mlb.com/news/article/100425894/rockies-claim-rhp-jorge-rondon-off-waivers-from-st-louis 2014年12月27日閲覧。 
  8. ^ “Colorado Rockies Select Left-Handed Pitcher Ken Roberts from Triple-A” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2015年5月3日), http://m.rockies.mlb.com/news/article/121930406/colorado-rockies-select-left-handed-pitcher-ken-roberts-from-triple-a 2015年5月11日閲覧。 
  9. ^ “Orioles claim RHP Jorge Rondon off waivers from Colorado” (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2015年5月11日), http://m.orioles.mlb.com/news/article/123576154/orioles-claim-rhp-jorge-rondon-off-waivers-from-colorado 2015年10月21日閲覧。 
  10. ^ “Orioles' Jorge Rondon: Designated for assignment Tuesday” (英語). CBS Sports FANTSY. RotoWire Staff (CBSSports.com). (2015年10月20日). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/orioles-jorge-rondon-designated-for-assignment-tuesday/ 2015年10月21日閲覧。 
  11. ^ Charlie Wilmoth (2015年10月27日). “Pirates claim Jorge Rondon from Orioles” (英語). Bucs Dugout (SB Nation). http://www.bucsdugout.com/2015/10/27/9619754/pirates-claim-jorge-rondon-from-orioles 2015年10月27日閲覧。 
  12. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年6月27日閲覧。
  13. ^ Pirates place Juan Nicasio on restricted list, swap out relievers” (2016年6月19日). 2016年6月27日閲覧。
  14. ^ Jeff Todd (2016年6月24日). “Pirates Designate Cole Figueroa, Jorge Rondon”. MLB Trade Rumors. 2016年6月27日閲覧。
  15. ^ “【中日】新助っ人右腕・ロンドン獲得…今オフの支配下選手補強が終了”. スポーツ報知. (2016年12月28日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161228-OHT1T50087.html 2017年1月9日閲覧。 
  16. ^ 2017年度新外国人選手獲得のお知らせ”. 中日ドラゴンズ公式ウェブサイト (2017年1月6日). 2017年1月10日閲覧。
  17. ^ 自由契約選手|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年12月2日). 2018年1月18日閲覧。
  18. ^ a b c “NPBとの再契約求め…元中日ロンドンらBC福島ベネズエラ人コンビの去就に注目”. Full-Count. (2018年10月24日). https://full-count.jp/2018/10/24/post234756/ 2018年10月29日閲覧。 
  19. ^ “福島ホープスに投手ホルヘ・ロンドンが入団”. 福島民友新聞. (2018年6月28日). http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20180628-283905.php 2018年10月29日閲覧。 
  20. ^ a b FanGraphs2017年2月5日閲覧。
  21. ^ 【中日】ロンドン、来日初登板で156キロ!球団記録に「あと1キロ」”. スポーツ報知 (2017年5月30日). 2017年8月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]