フランシス・アーノルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Frances H. Arnold
フランシス・アーノルド
Frances Arnold 2012.png
フランシス・アーノルド(2012)
生誕 Frances Hamilton Arnold
(1956-07-25) 1956年7月25日(62歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 化学工学
生化学
研究機関 カリフォルニア工科大学
出身校 プリンストン大学
カリフォルニア大学バークレー校
主な受賞歴 チャールズ・スターク・ドレイパー賞(2011)
ノーベル化学賞(2018)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2018年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:酵素の指向性進化法の開発

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold, 1956年7月25日 - )はアメリカ合衆国化学工学者生化学者カリフォルニア工科大学教授。ペンシルベニア州ピッツバーグ出身。

プリンストン大学卒業後、1985年にカリフォルニア大学バークレー校から化学工学のPh.Dを取得。指向性進化法英語版により人工的に酵素を合成する手法を開発し、2018年にノーベル化学賞を受賞した。

受賞歴[編集]

参照[編集]