ヒト・シュタイエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UNTER UNS Linz 09 、インスタレーション(2009)

ヒト・シュタイエル (スタヤル、Hito Steyerl, 1966年 ミュンヘン出身)は、エッセイ映画や論評において、ポストコロニアリズムフェミニズムに関する批評を展開するドイツ映画監督作家批評家教育者。 彼女の作品は映画とアート、理論と実践の接点にある。彼女の作品は世界中の映画祭や美術展で上映されており[1] 、最近ではドクメンタ12(2007)、ヴェネツィア・ビエンナーレのドイツ館代表(2015)、ミュンスター彫刻プロジェクト(2017)にて展示。 アート雑誌 "ArtReview"は、国際的なアートシーンで最も影響力のある人物として、毎年恒例の "Power100"リストで2017年、初の女性アーティストとしてシュタイエルを1位にした。

経歴[編集]

1987年から1990年まで東京日本映画大学にて、今村翔平原一男の下で映画撮影とドキュメンタリー映画を学ぶ。1990年から1991年にかけて、オーストラリア、日本、フランス、アメリカ、イタリア、ポルトガル、ドイツにて、ヴィム・ヴェンダースの映画「夢の涯てまでも」アシスタントディレクター兼テクニカルコーディネーターとして働く。 1992年から1998年まで、ミュンヘンテレビ・映画大学(HFF)でドキュメンタリー映画の監督を学ぶ。 2003年にウィーン芸術アカデミーにて哲学の博士号を取得。 芸術作品の制作に加えて、ゴールドスミスカレッジの文化研究センターで教えることに携わり、2010年からはベルリン芸術大学 (Lensbased class)にて教授を務めている。またVera TollmannとBoaz Levinと協同で、Research Center for Proxy Politicsを設立。[2]

彼女の作品は従来のビデオの境界線を押し広げ、多くのメタファーや風刺的なユーモアの下に何があるのかを曖昧にしている。例えば彼女の作品Red Alertを「ビデオの外側の限界」[3]と表現している。この作品は、Lovely Andreaを表す純粋な赤のビデオを再生する三つのモニターによって、極度の危険と欲望を象徴している。

彼女の作品は、軍事化、監視移住、グローバル化におけるメディアの役割、イメージとそれを取り巻く文化の普及などの話題に関するものである。研究、インタビュー、発掘された画像のコレクションから発展し、法医学ドキュメンタリーや夢のようなモンタージュの領域で教育的な方向性を持った作品に結実している。

近年、その内容は拡大し、デジタル化が進む世界、組織(美術館を含む)、ネットワーク、労働の状況をテーマにし、編集、デジタルグラフィックス、およびビデオインスタレーションにおいて、より高度なアプローチを採用している。[4]

フィルモグラフィー[編集]

  • 1994: Deutschland und das Ich
  • 1996: Land des Lächelns
  • 1997: Babenhausen
  • 1998: Die leere Mitte
  • 1999: Normalität 1-10
  • 2004: November
  • 2007: Lovely Andrea
  • 2007: Journal No 1


  • 2009: After the Crash
  • 2010: In Free Fall
  • 2012: Abstract
  • 2012: Adorno's Grey
  • 2012: Guards
  • 2013: How not to be seen: a fucking didactic .MOV file
  • 2014: Liquidity Inc.
  • 2015: Factory of the Sun
  • 2015: The Tower

展覧会[編集]

  • 2014: Hito Steyerl., Institute of Contemporary Arts, London
  • 2015: Hito Steyerl, Artists Space, New York
  • 2016: Hito Steyerl: Factory of the Sun, Hartware MedienKunstVerein im Dortmunder U (Ebene 6, Galerie), Dortmund.

論評[編集]

  • Die Farbe der Wahrheit. Dokumentarismen im Kunstfeld. (Reihe: republicart, 8) Turia + Kant, Wien 2008, Neuaufl. 2017 ISBN 978-3-85132-517-1
  • Tester. Arteleku, San Sebastian 2004 (Hg. gemeinsam mit Fondacion Rodriguez, Marina Grzinic, Jose Maria Mariategui, Marcus Neustetter und Oliver Ressler)
  • "Spricht die Subalterne deutsch?" Postkoloniale Kritik und Migration. Unrast Verlag, Münster 2003 (Hg. gemeinsam mit Encarnacion Gutierrez Rodriguez

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Siehe kunstaspekte.de: Hito Steyerl
  2. ^ Research Center for Proxy Politics. In: rcpp.lensbased.net. Abgerufen am 28. Dezember 2016.
  3. ^ dmovies.net (2013-06-12), Hito Steyerl, interview at Documenta 12, https://vimeo.com/68195540 2019年5月10日閲覧。 
  4. ^ Liquidity Inc. | icaboston.org”. www.icaboston.org. 2019年5月10日閲覧。