ハンス・ヴェルナー・リヒター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンス・ヴェルナー・リヒター(1992)

ハンス・ヴェルナー・リヒター(Hans Werner Richter, 1908年11月12日 - 1993年3月23日)は、ドイツの作家、政治家。

ドイツ帝国ウーゼドム島(現ポーランド)生まれ。1930年にドイツ共産党に入党したがトロツキズムのため追放された。ナチスに抵抗しパリに逃亡したが、1934年に帰国。1940年にゲシュタポに逮捕され、1943年まで兵役に就く。1946年までアメリカの捕虜収容所に収容され、釈放された。

自身の作品では知名度が高くないが、第二次世界大戦後のドイツにおける新進作家の集まりである47年グループの主宰者として知られている。1993年にミュンヘンで死去。享年84。

作品[編集]

  • Die Geschlagenen (1949年)
  • Sie fielen aus Gottes Hand (1951年)
  • Spuren im Sand (1953年)
  • Linus Fleck oder Der Verlust der Würde (1959年)
  • Du sollst nicht töten (1962年)
  • Bismarck (1964年)
  • Karl Marx in Samarkand (1966年)
  • Blinder Alarm (1970年)
  • Briefe an einen jungen Sozialisten (1974年)
  • Die Flucht nach Abanon (1980年)
  • Die Stunde der falschen Triumphe (1981年)
  • Ein Julitag (1982年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連書籍[編集]