トマス・アースキン (1705-1766)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トマス・アースキン(左)は父のジョン・アースキン(右)が大逆罪で公権を喪失英語版したため、マー伯爵を継承できなかった。
トマス・アースキンの肖像画、デイヴィッド・アラン(David Allan)作。

トマス・アースキン英語: Thomas Erskine1705年 - 1766年3月16日)は、グレートブリテン王国の政治家。第23代マー伯爵ジョン・アースキンの息子だったが、父が1715年ジャコバイト蜂起に関与したためかどで1716年に大逆罪により公権を喪失英語版、トマス・アースキンはマー伯爵位を継承できなかった[1]

1741年10月1日、初代ホープトーン伯爵チャールズ・ホープ英語版の娘シャーロット・ホープと結婚した。1766年、子供のないまま死去した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Melville Henry Massue Ruvigny Et Raineval (1 January 2003). The Jacobite Peerage, Baronetage, Knightage, and Grants of Honour, Extracted, by Permission, from the Stuart Papers Now in Possession of His Majesty the King at Windsor Castle, and Supplemented by Biographical and Genealogical Notes. Genealogical Publishing Com. pp. 114–5. ISBN 978-0-8063-1716-8. https://books.google.com/books?id=cvYeBYm4pu8C&pg=PA114 2013年9月27日閲覧。. 
グレートブリテン議会英語版
先代:
ヘンリー・カニンガム
庶民院議員(スターリング・バーグス選挙区英語版選出)
1728年 – 1734年
次代:
ピーター・ハケット英語版
先代:
ジョージ・グラハム英語版
庶民院議員(スターリングシャー選挙区英語版選出)
1747年
次代:
ジェームズ・キャンベル
空位
最後の在位者
ジェームズ・アースキン英語版
庶民院議員(クラックマンナンシャー選挙区英語版選出)
1747年 - 1754年
空位
次代の在位者
ジェームズ・アバークロンビー
フリーメイソン
先代:
ヒュー・セトン
スコットランド・グランドロッジ・グランドマスター英語版
1749年 - 1750年
次代:
第10代エグリントン伯爵英語版