トビタテ!留学JAPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トビタテ!留学JAPAN(トビタテ!りゅうがくジャパン)は、文部科学省が、グローバル人材育成施策の一環として行う留学促進キャンペーンの名称。2013年(平成25年)10月29日付けで公表された[1]文部科学事務次官を「留学促進広報戦略本部」本部長[2]、株式会社ウィル・シード代表の船橋力(ふなばし ちから)をプロジェクトディレクター[3]とする官民協働海外留学創出事業である。2020年をターゲットイヤーとして日本人の海外留学生(キャンペーン開始時点で大学生6万人、高校生3万人)を倍増させることを目的としている[2]2013年10月29日にキャンペーン名称とロゴ・スローガンが発表された[1]。語学力や学力が無関係であったり、留学期間が自由に設定できるなど、申請時点では非常に柔軟性が高いが、留学後の計画の変更に関しては認められないこともある[4]

応援ソング[編集]

「留学応援ソング」として、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」の替え歌である「トビタテ!フォーチュンクッキー」が、元歌の作詞者である秋元康の協力と作詞により制作された。制作にあたっては安倍晋三首相下村博文文部科学大臣(当時)が、秋元宅を訪ねて食事をともにするなどした[5]

制作発表は、2013年12月15日に早稲田大学で開催された「第1回 Go Global Japan Expo」のイベント内で、AKB48『トビタテ!留学JAPANスペシャルユニット(高橋みなみ横山由依梅田彩佳島崎遥香中村麻里子峯岸みなみ高城亜樹鈴木まりや)』により行われた[6]

2014年2月13日には、制作発表時のAKB48の『トビタテ!留学JAPANスペシャルユニット』、GGJ採択大学など47大学の学生、下村文科大臣(当時)のほか、文部科学省職員が踊る映像を1曲に編集したミュージックビデオ『トビタテ!フォーチュンクッキー 留学JAPANバージョン』がYouTube上に公開された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]