ジョゼフィーン・アープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョゼフィーン・アープ
Josephine Sarah Marcus 1880.png
一般にジョセフィーンの写真であると受け入れられている アリゾナ準州 1880年
生誕 ジョセフィーン・サラ・マーカス(Josephine Sarah Marcus)
1860
アメリカ合衆国ニューヨーク市
死没 1944年12月19日(1944-12-19)(83–84年歳)
アメリカ合衆国ロサンゼルス
墓地 カリフォルニア州コルマ(Colma)ヒルズ・オヴ・エターニティー・メモリアル・パーク(Hills of Eternity Memorial Park)
北緯37度40分33秒 西経122度27分12.1秒 / 北緯37.67583度 西経122.453361度 / 37.67583; -122.453361 (Wyatt and Josephine Earp's Gravesite)
別名 サディー(Sadie)。ジョシー(Josie)。ことによるとサディー・マンスフィールド(Sadie Mansfield)。ジョセフィーン・ビーアン(Josephine Behan)
職業 ことによると娼婦。辺境冒険者。賭博師
配偶者
ヘンリー・マーカス(Henry Marcus)(カール=ハイマン・マルクーゼ(Carl-Hyman Marcuse)として生まれる)とソフィー・ルイス(Sophie Lewis)
親戚
  • 異父母姉妹 レベッカ(Rebecca)
  • ネーサン(Nathan)
  • ヘンリエッタ(Henrietta)
署名
Josephine Earp signature.jpg

ジョセフィーン・サラ・「サディー」・アープ(Josephine Sarah "Sadie" Earp)(旧姓マーカス(Marcus)、1860年 - 1944年12月19日)は[1]、有名な西部開拓時代の法執行官で賭博師であるワイアット・アープの内縁の妻(common-law wife)である。彼女は、アリゾナ州コチセ郡の保安官ジョニー・ビーアン(Johnny Behan)と暮らしていたとき、アリゾナ州のトゥームストーンという辺境の新興都市で1881年にワイアットに会った。

ジョセフィーンは、ニューヨークで、プロイセン系ユダヤ人の家庭に生まれた。父親はパン職人であった。彼らはサンフランシスコに移り、そこでジョセフィーンは娘のときダンス学校に通った。父親が仕事を見つけるのに苦労したとき、一家は、労働者階級の姉および義理の兄弟のところに引っ越した。ジョセフィーンは、ことによると早くも14歳で、駆け落ちし、そしてアリゾナに行き、そこで「冒険」("adventure")をした。彼女の1874年から1880年までの人生は、はっきりしない。彼女は、作家らや映画プロデューサーらに対して法的措置を講じるぞと脅しさえして、人生のこの時期を公表しないために一所懸命に頑張った。彼女は、早くも1874年にアリゾナ州プレスコットに到着したかもしれない。彼女は、自分の人生を扱った『I Married Wyatt Earp』(1967年)のなかで、アリゾナ州で目撃した、1879年より前に起きた出来事を述べているが、彼女は以前は、自分はこの年に初めてトゥームストーンに到着した、と主張した。彼女がプレスコットおよびアリゾナ準州ティップ・トップ(Tip Top)でサディー・マンスフィールドという偽名で暮らし、1874年から1876年まで娼婦として働き、病気になり、サンフランシスコに戻ったという証拠がある。サディー・マンスフィールドという名前は、またトゥームストーンでも記録されていた。調査者らは、この2つの名前は、きわめて類似した特徴や状況が共通していることに気づいている。晩年にジョセフィーンは、アリゾナの最初期の年月を「悪夢」("a bad dream")と言った。はっきりと知られているのは、彼女が1880年10月にジョセフィーン・ビーアンの名前を使ってトゥームストーンに旅したということである。彼女は、自分がコチセ郡の保安官ジョニー・ビーアン(Johnny Behan)に会ったとき、自分は17歳で彼は34歳であった、と書いた。彼は結婚を約束したし、彼女はトゥームストーンで彼と落ち合った。彼は取り消したが、彼女を説得して留まらせた。ビーアンは、牧場経営者らと一部の無法者のアウトロー・カウボーイに同情したが、彼らは、保安官代理ヴァージル・アープとその兄弟ワイアットおよびモーガンと不和であった。ジョセフィーンは、OK牧場の決闘の前、1881年にビーアンと離れたが、決闘の間、ワイアットとその兄弟らはコチセ郡のカウボーイ3人を殺した。彼女は、1882年3月にサンフランシスコに行き、その秋、ワイアットが彼女と落ち合ったし、彼女は彼の死亡まで46年間、彼と内縁関係にあった。ジョセフィーンとワイアットは、生涯を通じて新興都市を次々に移動し、最後にはカリフォルニア州ヴィダル(Vidal)のソノラ砂漠の町のコテージを買い、そこで彼らは涼しい季節を過ごした。夏には、2人は、ロサンゼルスに引き下がり、そこでワイアットは初期のカウボーイ俳優の一部と関係を始めたが、そのなかにはウィリアム・S・ハート(William S. Hart)やトム・ミックス(Tom Mix)もいた。

ジョセフィーン・アープおよび、彼女のワイアットとの関係は、アマチュア歴史家グレン・ボイヤーが、一部は彼女によって書かれたとされる原稿に基づく『I Married Wyatt Earp』を出版したのちに知られるようになった。ボイヤーの書籍は32年間、事実に基づく回想録と見なされ、学者らによって引証され、教室で研究され、映画製作者によって源として用いられてきた。1998年に、記者らと学者らは、ボイヤーは、彼がトゥームストーンの時期について書いた事実の多くを文書で立証しえなかった、と知った。一部の批評家は、この書籍を詐欺と捏造であると言ったし、アリゾナ大学はこの書籍をカタログから引っ込めた。

前半生[編集]

ジョセフィーン・サラ・マーカス(Josephine Sarah Marcus)は1860年に、移民らであるカール=ハイマン・マルクーゼ(Carl-Hyman Marcuse)(のちにヘンリー・マーカス(Henry Marcus))とソフィー・ルイス(Sophie Lewis)との3子の第2子として生まれた。ルイス家はユダヤ系で、1850年ころ、プロイセンのポーゼン州(Province of Posen)からやって来た[2][1][3][4]。ソフィーは、8歳年下のマルクーゼと結婚したとき、3歳の娘レベッカ・レヴィ(Rebecca Levy)のいる未亡人であった[5]。ソフィーとカールは、3子をもうけた:ネーサン(Nathan)(1857年8月12日生まれ)、ジョセフィーン(Josephine)、およびヘンリエッタ(Henrietta)(1864年7月10日生まれ)[5]

サンフランシスコに移る[編集]

ジョセフィーンの父親はパン職人であった。彼は、ニューヨーク市で暮らしを立てようと努力し、サンフランシスコという成長都市のことを読んだ[1]。ヘンリーが一家をサンフランシスコに移したとき、ジョセフィーンは7歳であった[6]。彼らは海路、パナマに行き、パナマ地峡を越え、サンフランシスコ行きの汽船に乗りこんだ。彼らは、都市が1868年10月21日の地震の災害から復興しつつあるときに、到着した[5]。到着するや、父親は、高度に階層化されたユダヤ系のコミュニティーを見つけた。その外側にはドイツ系ユダヤ人が、内側にはポーランド系ユダヤ人がいた。ドイツ系ユダヤ人は通例、より裕福で、よりよい教育を受け、ドイツ語を話し、そのいっぽうでポーランド系ユダヤ人はイディッシュ語を話し、典型的に呼び売り商人で、はるかに信心深かった。ヘンリーはパン職人の仕事を見つけた[5]

1870年までに、サンフランシスコは、コムストック・ロードからの銀の採鉱によって引き起こされたなおも広がっている経済的にわか景気のおかげで成功していた。サンフランシスコの人口は14万9473人に急増していて、住宅は供給不足であった。アパートメント建造物は混み合っていて、大きな家は下宿屋に改造された。大量の金がネバダからサンフランシスコに流れ、ちょっとの間、マーカス家は栄えた。その年、晩くなって、ジョセフィーンの異父姉妹レベッカ・レヴィがアーロン・ウィーナー(Aaron Wiener)と結婚したが[7]、彼は、彼女の両親と同じく、プロイセン生まれの保険外交員であった[5]

生活状況[編集]

成人のとき、ジョセフィーンは、父親はドイツ人で、栄えた商売事業を営んでいる、と主張した[6]。ヘンリー・マーカスは、最初、ジョセフィーンとその姉妹ハッティーをマッカーティーのダンシング・アカデミー(McCarty's Dancing Academy)の音楽とダンスの教室に行かせるのに十分な金を持っていたが、アカデミーは一家所有の事業で、エディー・ストリート(Eddy St.)で成人・子供の双方を教えた。作家グレン・ボイヤー(Glen Boyer)は、『I Married Wyatt Earp』のなかで、ジョセフィーンはダンス・レッスンを受け、メードがいた、と述べている。彼は、つぎのように書いた、「ハッティとわたしは、ハワード・ストリート(Howard Street)(ポーク(Polk)とパシフィック(Pacific))の子供向けのマッカーティー・ダンシング・アカデミーに通った。ユージニアとロッティー・マッカーシー(Lottie McCarthy)がわたしたちにハイランド・フリング(Highland Fling)、セーラーズ・ホーンパイプ(Sailor's Hornpipe)、そして舞踏室のダンシングを教えてくれた」("Hattie and I attended the McCarthy Dancing Academy for children on Howard Street (Polk and Pacific).Eugenia and Lottie McCarthy taught us to dance the Highland Fling, the Sailor's Hornpipe, and ballroom dancing")[8]

1874年に、コムストック・ロードからの金・銀の生産は、熱にうかされた株式市場に餌を与え、大きな投機につながった。コムストック・ロードの生産が衰え始めたとき、サンフランシスコは苦しんだ。彼女の父親ヘンリーのパン職人としての所得は、下落した。一家は、「スロットの南」("south of the slot")(マーケット・ストリート(Market Street)の南)平地の安い共同住宅(tenement)のジョセフィーンの姉レベッカおよびその夫アーロンのところに移らざるを得なかった。そこは労働者階級で、人種的に混合した界隈で、そこでは工場の煙突の煙が空を満たしていた[9]。1880年の国勢調査では、一家は、サンフランシスコ・べー(San Francisco Bay)・ストリート、チャネル(Channel)・ストリート、ハリソン(Harrison)・ストリートおよびセヴンス・ストリート(Seventh street)の間の第9地区(the 9th Ward)にいる[4][10]。1880年前半に、ヘンリーは義理の息子アーロン(Aaron)といっしょに暮らしていて、アーロンは簿記係として雇われた。彼らは、ハリソンのサードとセカンドの間のペリー・ストリート138番地(138 Perry Street)のマーケットの4ブロック南で暮らした[11]

青春[編集]

娘のころ、ジョセフィーンは劇場に行くのが大好きであった[8]。「子供のままでいるには、あたりにはあまりに刺激が多すぎた」("There was far too much excitement in the air to remain a child")[5]彼女はどうやらサンフランシスコの複数の学校の教師らによる扱いに憤慨したらしく、それらを「子供を育てる点でニューイングランドの村なみに無慈悲で独善的な、寛容な陽気な人口の多い行為に関して一貫していない」("inconsistent of a tolerant and gay populous acting as merciless and self-righteous as a New England village in bringing up its children")と言った。彼女は、「トウ(籐)のむちの痛み」("sting of rattan")や「遅刻で平手打ちをくらうこと」("being slapped for tardiness")を含む、与えられた厳しい懲罰を説明した[5]。ジョセフィーンは、自分は早くに成熟し、大きな乳房を発育させた、と言った[12]

事実と虚構を混ぜる[編集]

晩年をつうじて、ジョセフィーンは、報道と公衆が自分とワイアットのアリゾナでの生活に関して知っていることをうまく取り扱うために、懸命に働いた。ジョセフィーンは伝記作者らその他に、アープは酒を飲まない、決して賭博サルーンを所有しない、娼婦に階上を提供しない、と、すべてが文書で立証されているのに、語った。フランク・ウォーターズ(Frank Waters)は、『Tombstone Travesty』(最初1934年刊)を書いているとき、ジョセフィーン・アープが母親および姉妹を訪ね、書籍を刊行させないように訴えるぞと脅していたことを知って、トゥームストーンへの調査旅行から戻った[13]:8。ウォーターズの著作はのちに、「言い逃れ、人格の毀損、そして著者の輝かしいナルシシズム的な精神である心理学的戦場に基づき」("based upon prevarications, character assassinations, and the psychological battleground that was the brilliant, narcissistic mind of its author")、決定的に欠陥があると判った[14]

Wyatt Earp: Frontier Marshal』(1931年)を書いているとき、スチュアート・レーク(Stuart Lake)は、ジョセフィーンは、トゥームストーンでジョニー・ビーアンとともに暮らしていたことその他、これは彼女が公表したくなかったことであるが、を知った。レークの書籍に彼女の名前を載せないでおくためには、ジョセフィーンとワイアットはどんなことでもしたし、彼女は訴訟を起こすぞとおどした[15]:101[16]。彼らの論争的な関係のなかのある時点で、ジョセフィーンは、レークの書籍を「まっかな嘘」("outright lies")でできている、と言った[17]。ワイアットが1929年に死亡したのち、ジョセフィーンは、マサチューセッツ州ボストンに行き、刊行者を説得して書籍の発売を止めさせようとした[18]。この伝記はベストセラーになったが、アープの人生をフィクション化したと強く批判され、著しく不正確であることが判った[19]:36

晩年に、ワイアット・アープの人生と伝説をこすってつやを出したことにくわえて、「彼女は、ひどく自慢してはいない多くのことを隠すためにいつわりの履歴の台本を書いた」("she scripted a history of make believe to hide a number of things of which she was not terribly proud")[20]

隠されたワイアットの前妻[編集]

1936年になってようやく、ジョセフィーンは、自分とワイアットのトゥームストーンでの生活の或る詳細を削除するように法的措置をとった[19]:36。ジョセフィーンは、ワイアットの、内縁の妻で元娼婦のマティー・ブレーロック(Mattie Blaylock)との関係を隠すために懸命に働いたが、ジョセフィーンが初めてワイアットに会ったとき彼はマティー・ブレーロックといっしょに暮らしていた。ブレーロックがアープといっしょに暮らしていた間、彼女はひどい頭痛を覚え、アヘンチンキに依存するようになったが、これは当時、広く入手し得るアヘン剤を基とした鎮痛剤である。アープがトゥームストーンおよびブレーロックと離れたのち、彼女はカリフォルニア州コルトン(Colton)で彼の消息を待ったが、彼はけっして彼女に連絡しなかった。彼女はアリゾナ出身の或る賭博師に会い、彼は求婚した。彼女はワイアットに離婚を求めたが、ワイアットは離婚をよいと信じておらず、断った。彼女はその賭博師と駆け落ちし、彼はのちにアリゾナで彼女を捨てた[21]。マティーは娼婦として人生を再開し、1888年7月3日に「アヘンによる自殺」("suicide by opium poisoning")を遂げた[12][22][23][24]:47[24]:65

トゥームストーンでの履歴について回避的[編集]

アリゾナ準州およびトゥームストーンでのジョセフィーンの暮らしに関する諸事実は、その時期を公表しないようにする法的および個人的努力によって不明瞭になっている。ジョセフィーン自身の話は、彼女が最初にアリゾナに到着した時の矛盾する話を提供している。人をまごつかせる彼女の複数の出来事の回想は、ジョセフィーンが事実とフィクションとをどれほど容易に混ぜたかを示している[25]:45

ワイアットの死後、ジョセフィーンは、夫のいとこらのうち2人、メーベル・アープ・ケーソン(Mabel Earp Cason)と彼女の姉妹ヴィノリア・アープ・アッカーマン(Vinolia Earp Ackerman)と協力して自分の人生を文書で立証した。このいとこらは、彼女の後半生の諸事件を記録したが、彼女らは、ジョセフィーンがアリゾナ準州とトゥームストーンでの時期の出来事のタイミングと性質に関して回避的であることに気づいた[26]。彼女は、トゥームストーンでの鍵となる年、1881年ー1882年の鍵となる出来事のことを語ろうとさえしなかった[20]。彼女がいちばん語ろうとしたのは、彼女が1881年にアリゾナ準州に戻り、トゥームストーンでジョニー・ビーアンと落ち合ったということである。彼女は、自分は、ビーアンは自分と結婚するつもりだ、と考えていた、と言ったが、彼はそれをはぐらかし続け、そして彼女は幻滅を感じるようになった[27]

彼女がアープ家のいとこらに語った話に基づき、他の源と関連づけた場合、ジョセフィーンは、早くも1874年10月に、サンフランシスコの親の家を発ち、アリゾナ州プレスコットに向かったかもしれないが、それは彼女が13歳あるいは14歳であったときで[26]、彼女がのちにみなに語った1879年ではなく[26]、ケーソンは、彼女と彼女の姉妹は「最後には原稿作業を捨てたが、それは彼女[ジョセフィーン]が彼女およびワイアットに関係するトゥームストーン・シークエンスを整頓しようとしなかったからである」("finally abandoned work on the manuscript because she [Josie] would not clear up the Tombstone sequence where it pertained to her and Wyatt.")と言っている[26]

隠された個人的な過去[編集]

ワイアットの、ブレーロックとの過去の関係をジョセフィーンが隠していることに加えて、現代の調査者らは、彼女はまた「スポーティング・レーディー」("sporting lady")すなわち娼婦としての自分自身の過去をも隠していたかもしれない、と考えている[28]。スチュアート・レーク(Stuart Lake)は、『Wyatt Earp: Frontier Marshal』を調べていたとき、サディーの個人的履歴に関する話を聞いた。彼は、それらを書籍の中に盛り込まなかったが、1929年に複数の手紙の中に実際に書いた。バット・マスターソン(Bat Masterson)はワイアット・アープの友人の1人で、1881年2月から4月までトゥームストーンに居たが[29]:41[30]、スチュアート・レークに彼女のことを「信じられない美人」("an incredible beauty")[31]、そして「ホンキートンクの花、300人かそこらのその種のものではいちばん可愛らしい中年女性」("belle of the honkytonks, the prettiest dame in three hundred or so of her kind.")[32]と言った。その時代のホンキートンク・バーはしばしば、売春の場としての評判があったし[33]、彼の言い回し(「300人かそこらのその種のもの」("three hundred or so of her kind"))は、ジョセフィーンの、娼婦としての働きに言及したかもしれない[31]

また、彼女が1883年よりも前に何をしたか疑問を呈した調査者らもいる[20]。 トゥームストーンのような独身の男でいっぱいの町は、他人がどのように考えるかに関してほとんど関心のない、冒険を求める女らを引き寄せた。ジョセフィーンはつねに、人生の刺激を求めた。彼女が書いたとされる原稿に基づく『I Married Wyatt Earp』(1997年)のなかで、著者グレン・ボイヤーは、彼女が次のように言っていると引用している、「わたしは旅行しているたぐいの男が好きです...一生、ひとつ町でゆったり深く腰掛け、いちにち数字の列を書きとめるあるいは乾物や食料雑貨やそういうものを売りつけるたぐいよりも...わたしの血は、刺激、多様性、そして変化が必要なのです」("I liked the traveling sort of man... better than the kind that sat back in one town all his life and wrote down little rows of figures all day or hustled dry goods or groceries and that sort of thing...My blood demanded excitement, variety and change")[32]

トゥームストーンの男らは女より1対9で数が多く、坑夫らは、食事を料理し、部屋を提供し、衣服を洗濯し、性的サーヴィスを提供する女に相当な手数料を支払いたいと熱望した[34]。売春は、女性らがライセンス料を支払うかぎり、合法的であった。多くの売春宿の女主人と娼婦は、彼女らをしばしば追放した「お上品ぶった」("respectable")女らよりも、生活をよく管理し、より大きい自立を有した[35]。その時代の既婚女性は、家庭の外で働くことを避けるか、でなければ娼婦の婉曲表現「パブリック・ウィミン」("public women")と見なされる危険を冒すことを求められた。その時代の少数の女は、男らからの独立を維持する手段として独身のままでいることを選んだし、ジョセフィーンはそのなかの1人であった[34]

その時代の財産のない未婚の女が就き得る種類の仕事は、ジョセフィーンが避けたウェートレス、洗濯女、女裁縫師、ほかの振るわない仕事であった。トゥームストーンの女のなかには、レストラン、賄い付きの下宿屋(boarding-houses)、衣料帽子店を経営したものもいたし、また少数は一部の乾物店を営んだ。成功した鉱業技師、商人、および事業主の多くの妻は、1人の娼婦のために当惑させられることと闘う必要がない、よりよい階級の都市に住んだ[34]

ジョセフィーンの辺境での、ことによると娼婦としての、生活は、彼女に、より大きい独立を許した。彼女はたぶん、自分の役割に伴う社会生活と独立を享受しただろう。男らよりも数が多い、辺境のトゥームストーンの1人の未婚の女として、彼女はたぶん、真の地位に関係なく、一部によって娼婦として見なされた[36]:101

駆け落ち[編集]

ジョセフィーン・サディー・マーカスの既知の暮らしは、ほかの点では未知のサディー・マンスフィールドという娼婦の生活と、一連の著しい偶然の一致をなして重なった。ジョシーは、サンフランシスコのクレー(Clay)とワシントン(Washington)との間のパウエル・ストリート(Powell St.)のパウエル・ストリート・プライマリー・スクール(Powell Street Primary School)に通った。売春で知られる界隈の、1ブロック離れたクレー・ストリートの1000ブロックには、ハッティー・ウェルズ(Hattie Wells)所有の売春宿があった。1879年に、5人の娼婦がそこに暮らしていた。ジョセフィーンは、通学路で売春宿の前を歩かねばならなかった。その女らは彼女には、「けがれたハトども」("soiled doves")ではなくて、暇のある生活を送っている女らに見えた。ウェルズもまた、アリゾナ州プレスコットに売春宿を所有していた[25]:44

ジョセフィーンは『I Married Wyatt Earp』のなかで、つぎのように書いた、或る日「或る朝、わたしは、まるでいつものように学校に行くかのように、家を出た」("I left my home one morning, carrying my books just as though I was going to school as usual")[37]。彼女は、自分は18歳のときに友人2人、音楽教師の娘ドーラ・ヒルシュ(Dora Hirsch)および、アグネス(Agnes)という娘とともに逃げ出した、と言ったが、サンフランシスコの『軍艦ピナフォア』(H.M.S. Pinafore)のポーリーン・マークハム(Pauline Markham)の一座の製作で役割があった[6][37]。作家シェリー・モナハン(Sherry Monahan)は、なぜ18歳の女が学校まで複数の書籍を運び、「逃げ出す」("run away")必要があると思ったのか、疑問を呈している[25]:42

初めてのアリゾナ入り[編集]

ポーリーン・マークハム(Pauline Markham) 1860年代 ジョセフィーンは、自分は1879年にサンフランシスコのマークハムの劇団に加わったと言い、劇団はアリゾナにツアーしたが、団員としてのジョセフィーンあるいはサディー・マンスフィールドの記録は見つかっていない

ケーソンの原稿は一部、書籍『I Married Wyatt Earp』の基礎であるが、原稿のなかでジョセフィーンは、ポーリーン・マークハム・シアター・カンパニー(Pauline Markham Theater Company)が西部ツアーでサンフランシスコを訪れたとき、1879年に自分と友人ドーラはそこに加わった、と言っている[6]。マーカムは、すでに、バーレスク・ダンサー兼女性歌手として国民的な名声を得た。彼女はしばしば、ステージに、そして広告写真に、コルセットとピンク色のタイツを着て姿を現わした:1870年にしてはショッキングな衣装衣服[38]。ジョセフィーンは、ドーラは歌手として雇われた、と書いたし、彼女はダンサーとして雇われた。ジョシーは、ポーリーン・マークハム一行のうち2人がサンフランシスコからサンタバーバラまで一行のうち他の6人とともに航行した、と言ったが、サンタバーバラで彼らは数日間、滞在し、サンタバーバラで公演し、それからアリゾナ準州プレスコットに向けて乗合馬車で発った[37]

ジョセフィーンは、娘らは、1週間の契約で1879年12月1日にトゥームストーンに一行といっしょに到着した、と言った。同じ日に、ワイアット・アープとその兄弟らが到着した。トゥームストーンでの1週間ののち、マークハムの劇団は契約を終え、北のプレスコットに向かった。彼らは、1879年12月24日から1880年2月20日まで、12回超にわたって、『軍艦ピナフォア』(H.M.S. Pinafore)を演じた[38]。ジョセフィーンは、マークハムの劇団がプレスコットでの初公演を終えた直後、自分は1880年2月に劇団を去った、と言った[39]

作家ロジャー・レー(Roger Ray)は、劇団に加わったことのジョセフィーンの話を調査し、多くの矛盾を見つけた。マークハム一行は、1879年10月に船でも乗合馬車でもなく、サザン・パシフィック鉄道の乗り込み、サンフランシスコを発ち終点のアリゾナ州カサ・グランデ(Casa Grande)に向かった。ジョセフィーンとサディー・マーカスの名前は、1879年のマークハムの一行の名簿には決して含まれていなかった[20]。ユマの『Arizona Sentinel』は1879年10月25日に、「火曜日 『ピナフォア』ツーソンに到着 ミス・ポーリン・マークハム、ミス・マリー・ベル、ミス・ベル・ハワード、ミセス・プリング、ミスタ・ボラベック、ミスタ・マクマホン」("Tuesday arrived a Pinafore Company for Tucson, composed of Misses Pauline Markham, Mary Bell, Belle Howard, and Mrs. Pring, and Messrs. Borabeck and McMahon")と報じた[25]:43。一行は、ユマから、プレスコットではなくツーソンまで、乗合馬車に乗った[6][25]。レーは、ジョセフィーンにはドーラ・ヒルシュ(Dora Hirsch)という名前の友人はいなかった、と言っている。彼女の実名はリー・ヒルシュバーグ(Leah Hirschberg)であったし、母親は音楽教師であった。この一家は、ジョセフィーンが家族と暮らした場所から数ブロックのところに暮らしていた。しかしリーは、ジョセフィーンといっしょにサンフランシスコをけっして発たなかった。彼女は、1870年代にサンフランシスコのステージで子役女優として短い成功をおさめた[25]

教授パット・リャン(Pat Ryan)は、ジョセフィーンあるいはサディーは、マークハムの劇団の団員としてメー・ベル(May Bell)を使用したかもしれない、と述べた[40]:62[41]。1879年10月21日に『Los Angeles Herald』は、メー・ベルはマークハムの劇団員のなかにいる、と報じた。しかし、ジョセフィーンがメー・ベルをステージ・ネームとして使用したという補強の裏付ける証拠がほかに見つかっていないし、彼女はけっしてそのように主張しなかった[25]

娼婦サディー・マンスフィールドとのリンク[編集]

ジョセフィーンは、彼女がアリゾナに到着したのちに、サディーという名前を使い始めた[1][15]。 サディーは、ジョシーのミドル・ネームであるサラ(Sarah)のよく知られたニックネームであったし、当時の娼婦がそのファースト・ネームを変えるのは普通であった[25]:11。1874年11月に、サディー・マンスフィールドという女が、ハッティー・ウェルズ(Hattie Wells)の下で働いている娼婦数人とともに、サンフランシスコからプレスコットまで乗合馬車に乗った。一団の中には、ジュリア・バートン(Julia Barton)という黒人の女がいた。(ジョセフィーンは自身の言うところによれば、メードであるジュリア(Julia)という黒人の女を連れていた。彼女はまたアープのいとこらに、ポーリン・マークハムにはメードがついている、と語った。)[42]。1875年10月20日に、アリゾナ州プレスコットの『Weekly Miner Journal』は、サンフランシスコからの乗客のなかに「ミス・サディー[原文のママ]・マンスフィールド... とミセス・ジュリア・バートン、召使い」("Miss Saddie〔ママ〕 Mansfield... and Mrs. Julia Barton, a servant")がいることに注目した[25]。その地域での売春は、女らがライセンス料を支払う限り、違法ではなかった。しかしながら、有名な男らは、思慮分別があることを求められた。

ジョニー・ビーアンに会う[編集]

ジョニー・ビーアン 1871年 ジョニーは「若く、黒っぽくハンサムで、眼は陽気で黒く、微笑は魅力的だ」("young and darkly handsome, with merry black eyes and an engaging smile")、とジョセフィーンは言った。

ジョセフィーンは他人に、自分と友人ドーラはアリゾナに到着したとき自分は「一部のユマのアパッチの裏切り者は、自分らが陥れられていた保留地から逃れ、古いねじろに戻って戦おうとしていた」("some renegade Yuma-Apaches had escaped from the reservation to which they had been consigned and had returned to their old haunts on the war-path")ことを知ったと語った。彼女は、有名なインド系の戦士アル・シーバー(Al Sieber)が逃げ出したアパッチを追跡している、と書いた[43]。彼女は、シーバーとその斥候らは乗合馬車とその乗客を近くの、牧場主の日干し煉瓦の家まで連れて行った、と言った。一団は床に眠って10日間を過ごした。ジョセフィーンは、牧場主の家でジョン・「ジョニー」・ハリス・ビーアン(John "Johnny" Harris Behan)に初めて会ったが、彼はつぎのようだと言った、「若く、黒っぽくハンサムで、眼は陽気で黒く、微笑は魅力的だ。私の胸は、たいへんロマンチックな状況で彼の思いやり深い行為によって乱された。それによって郷愁からわきへ逸らされたが、わたしが彼に恋していたとは言えない....わたしは、彼はなにか公用中の保安官代理であるという印象を受けた」("young and darkly handsome, with merry black eyes and an engaging smile.My heart was stirred by his attentions in what were very romantic circumstances.It was a diversion from my homesickness though I cannot say I was in love with him....I am under the impression that he was a deputy sheriff engaged on some official errand.")[5][9][25]:46かりにジョセフィーンの言ったように、彼女が1879年12月にマークハムの一行といっしょにサンフランシスコから旅行したとしても旅行がインディアンらによって妨害されたという同時代の記録は無い[44]

ビーアンは、1869年3月に17歳のヴィクトリア・ザフ(Victoria Zaff)と、彼女の継(まま)父の故郷サンフランシスコで、結婚した[45][46][45]。彼女は、アリゾナ州ヤヴァパイ郡の保安官ジョン・P・バークの継(まま)娘であった[47]。夫婦は、アリゾナ州プレスコットに戻り移り、そこでジョンは働き始め、4ヶ月後1869年6月15日に、彼女は第1子ヘンリエッタ(Henrietta)を産んだ[48]。ビーアンはうわべは子供が1人いる立派な市民であったが、しばしば売春宿に行った[25]:46

1871年ー1873年の間、ビーアンは、保安官として義理の父親ボークのあとを継いだ[49][50]。1874年9月28日に、ビーアンは、再選に立候補するべく民主党の大会で指名された[5]。彼は、選挙運動を始め、そして『Prescott Miner』は1874年10月6日に、「J・H・ビーアンはブラック・キャニオン(Black Canyon)、ウィッケンバーグ(Wickenburg)その他への「選挙運動」('electioneering')遊説に発った」("J.H. Behan left on an 'electioneering' tour toward Black Canyon, Wickenburg and other places")と報じた[5]

その月ののちほど、1874年10月24日に『Arizona Miner』は、「アル・ジーバー(Al Zieber)、スタウファー軍曹(Sergeant Stauffer)、そして白と赤の兵士の混成隊が、ヴェルデ(Verde)の丘陵で間違いを犯したアパッチを捜しており、彼らは見つけそうである」("Al Zieber, Sergeant Stauffer and a mixed command of white and red soldiers are in the hills of Verde looking for some erring Apaches, whom they will be apt to find")と報じた。3日後、シーバーとルドルフ・スタウファー軍曹(Sgt. Rudolph Stauffer)は、アリゾナ州ケーヴ・クリーク(Cave Creek)の保留地から逃れていたアパッチを見つけ、彼らと戦った[43][51][52]。ビーアンが選挙運動を行なった地域はまたケーヴ・クリークの近くでもあったし、そこでアル・シーバーはインディアンを捜していた。ビーアンは35日間、出かけていて、1874年11月11日にプレスコットに戻り、そこで彼は選挙に敗れた[5]

最初のヤヴァパイ郡庁舎 木造枠組構造 ノース・コルテス・ストリート(North Cortez Street) プレスコット

ジョセフィーン・「サディー」・マーカスが、自分が18歳であったとき1879年に起こったと主張した複数の出来事は、既知の複数の事実とは相関せず、1874年の14歳のサディー・マンスフィールドのプレスコットへの旅行と一致する[9]

アリゾナのサディー・マンスフィールド[編集]

1870年のプレスコットの住民は、668人であった[53]。1874年に14歳のサディー・マンスフィールドは、ガーリー(Gurley)・ストリートとアラーコン(Alarcon)・ストリートの間のグラナイト・ストリートの、そしてビーアンが働いたヤヴァパイ郡庁舎の近くの売春宿で娼婦として、マダム・ジョシー・ローランド(Madam Josie Roland)の油断のない眼の下で、働いた[25]:46。プレスコットの近隣の人々は、1874年12月に数回ビーアンがグラナイト・ストリートの売春宿の異名「悪所」("house of ill fame")を訪れているのを目撃した。彼は、サディー・マンスフィールド「と関係」("relationship with")を持ったし、彼女はたぶんサンフランシスコからハッティー・ウェルズの娼婦らといっしょに旅行した娘と同一人物である[5]

1875年2月6日に、サディー・マンスフィールドは、ドイツの銀のスプーン2本126ドル相当を窃盗したとして、軽窃盗罪で訴えられた。彼女の容疑は「ドイツのテーブル・スプーン1セットが、A.T.、ヤヴァパイ、プレスコットの村のH・アッシャー・アンド・カンパニーの店舗から窃盗された」("one set of German table spoons were stolen from the store of H. Asher and Company in the village of Prescott, Yavapai, A.T.")とされた。保安官エド・バーンズ(Ed Burnes)は、マンスフィールドの住居を捜索し、それらスプーンを押収した。事件は、同じその日に、弁護側証人はたった1人、ジェニー・アンドリュース(Jennie Andrews)で、公判に付された。9人の陪審は、彼女を無罪とした[5]。プレスコットの『Weekly Arizona Miner』は1875年2月5日に、サディー・マンスフィールドが「グランド・ニュー・イヤー・ギフト・エンタープライズ」("Grand New Year Gift Enterprise")で賞を獲得した、と報じた[54]。同紙はまた、1875年4月9日に、郵便局に彼女宛ての手紙がある、と報じた[55]

1875年5月22日にビーアンの妻ヴィクトリアは離婚を申請した。 彼女は離婚申請で、ビーアンは、プレスコットと言われる町の悪名と売春の場を、いろいろな時そして場所で、公然とそして悪名たかく、訪れた」("at divers times and places openly and notoriously visited houses of ill-fame and prostitution at said town of Prescott")、と主張するという異常な手を打った[19]:79。ヴィクトリアは、数人の女との不義を引証したが、離婚訴訟で共同被告として挙げたとくに「サディーあるいはセード・マンスフィールド」("Sadie or Sada Mansfield")という14歳の「悪名と売春の女」("woman of prostitution and ill-fame")の名前を挙げた。離婚はまた、ビーアンの暴力の脅迫と容赦しない言葉による虐待を引証した[19]。ビーアンは、自分たちの娘ヘンリエッタは自分の娘ではない、と主張したし、ヘンリエッタに対する助力の要求は離婚申請から削られた[19]:93

ティップ・トップ(Tip Top) アリゾナ準州 1888年ころ

ビーアンと妻は、1ヶ月もしない1875年6月に離婚した。ビーアンは、一時、アリゾナ準州北西に移ったし、そこで彼は1877年にモハーヴェ郡_(アリゾナ州)の記録係(Recorder)をつとめた。彼は、1879年にアリゾナ州モハーヴェ郡の保安官代理の選挙に敗れたが、第10準州議会のモハーヴェの代表に選ばれた。1879年夏に、彼は、準州の州都であるプレスコットに戻り移った。彼は、坑夫らに対する小さな配膳事業を始め、そして山賊を追っている民兵隊に加わった。『Weekly Journal Miner』は1879年10月に、ビーアンはアリゾナ中央のティップ・トップ(Tip Top)という新興町で事業を始める計画である、と報じた。1879年11月にジョニー・ビーアンは新しいサルーンを開いた。町にはすでに、娼婦のいるサルーンが5つあったが、ジョニーの新しいサルーンには居なかった[39]

1880年のティップ・トップの国勢調査で、ビーアンの職業はサルーン経営者であった[56]。19歳のサディー・マンスフィールド、という彼の元妻と同一人物、もまたティップ・トップに住んでいた。彼女の職業は「娼婦」("Courtesan")であった[56]

自伝を語り直すさいに、ジョセフィーン・マーカスは、サディー・マンスフィールドの履歴の事実を補強する自分の体験の多くの要素を語り直した[42]。これらの事実で、なぜジョセフィーンがのちに人生のこの時期を「悪夢」("a bad dream")と見なしたのかその理由の説明がつくかもしれない[5]。彼女は次のように言った、「体験全体が悪夢としてふたたび思い出され、そしてわたしはその詳細をほとんど憶えていない。わたしは人目に付かない片隅で涙を流したことを憶えているし、わたしは母のことを、そして彼女のわたしに対する悲しみと悩みがどれくらい大きかったにちがいないか、いつも思った。混乱のあまり、わたしは悲劇的な窮地からの出口が見えなかった」("the whole experience recurs to my memory as a bad dream and I remember little of its details.I can remember shedding many tears in out-of the way-corners.I thought constantly of my mother and how great must be her grief and worry over me.In my confusion, I could see no way out of the tragic mess."[5])

サンフランシスコに戻る[編集]

ケーソンの原稿のなかで、ジョセフィーンあるいはサディーは、自分とドーラはホームシックだったしシーバーに助けてもらいつつサンフランシスコに戻った、と書いた。もしシーバーが彼女を助けたならば、ジョセフィーンの話と一致する唯一の時期は、シーバーが1873年から1875年までアリゾナ州キャンプ・ヴェルデ(Camp Verde)のプレスコット地区に居たときである。ジョセフィーンは、シーバーはドイツ人で、ジョセフィーンのドイツなまりに気づいたかもしれず、彼女の立場を推測し、アリゾナ州フォート・ホイップル(Fort Whipple)から義理の兄弟アーロン・ウィーナーに電報を打った、と言った。彼女は、ウィーナーはジョセフィーンが家に帰るのを助けるために、プレスコットでの縁故を使った、と言った[5][25]:47。1876年1月にジョセフィーンあるいはサディーはプレスコットを立ち去り、ロサンゼルスのホテルに滞在し、そして3月6日よりも前にサンフランシスコに戻った[42]

ジョセフィーンはアープのいとこらに、自分はラッキー・ボールドウィンの豪華なホテルおよびシアターの盛大な開業よりも前にサンフランシスコに戻った、と語ったが、それは1876年3月6日に開いた。ボールドウィン・ホテルの開業日は、ジョセフィーンが1879年にポーリン・マークハム劇団といっしょにアリゾナにむけて発ったと言った日付よりもずっと早い[37][57][58]

ジョセフィーンはもっとのちに、自分の家族は自分を「公衆からの逃亡者」("escapades from the public")にしておきたかった、と書いた。回想録の中に彼女はつぎのように書いた、「小さい子供ら(姪と甥)と、友人らはわたしは訪問に出かけたと言われていた。ミセス・ヒルシュは、そのなかでのドーラの役割が、わたしの家族なみに気がかりであるために、それを秘密にしておきたかった。それの記憶はそのとき以来、わたしは今までそれを夫ワイアット以外のだれにもけっして打ち明けなかった」("the younger children (niece and nephew), and our friends were told that I had gone away for a visit.Mrs. Hirsch, because of Dora’s part in it was as anxious as my people (family), to keep it a secret.The memory of it has been a source of humiliation and regret to me in all the years since that time and I have never until now disclosed it to anyone besides my husband (Wyatt)")[5]彼女はつぎのように付け加えた、「恐怖と刺激、何週間もの疲労困憊する旅行、自分の愚かさに対する無念、すべてまとめて、わたしの体力を超えていると判った。わたしは舞踏病にかかり、学校にあまり通えなかった。しかししばらくして健康を増進し、わたしの経験後2年もしないうちにわたしはふたたび健康な娘に戻った」("The fear and the excitement, the weeks of exhausting travel, chagrin over my own foolishness, all together proved too much for my strength.I developed St. Vitus Dance and was unable to attend school very much again.After a time however I very much improved in health so that within two years after my experience I was once more a normal healthy girl")もしジョセフィーンが、本人のいうように、18歳でサンフランシスコを発ったならば、なぜ彼女がなおも学校に通うであろうかその理由ははっきりしない[25]:47。能髄膜炎のように、舞踏病は、連鎖球菌感染のいち形態である。舞踏病および脳髄膜炎の症状はやや異なるが、両者ともに唾液を介してバクテリアの同一の菌株から感染することもある。ビーアンの子供はヘンリエッタおよびアルバートの2人とも、1877年ころ脳髄膜炎にかかり、その年7月にヘンリエッタはその病気で死亡した[25]:47–48

ビーアンが求婚する[編集]

1879年2月か3月に:プレスコットの『Weekly Journal Miner』は、ジョン・ビーアンはサンフランシスコを訪れている、と報じた[42]。ジョセフィーンは、自分はビーアンから結婚してくれ、と頼まれ、自分の両親は説得されて婚約を認めさせられた、と言った[5]。彼女は、ビーアンは彼女の家族に、自分は貸し馬車業を離れることはできない、と語った、と言った[9][32]。一部の現代の調査者は、改革派ユダヤ教徒である彼女の父親が、娘の、娘よりも14歳年上の、失業中の猟官者、ユダヤ教徒から見て異邦人、離婚した父親であるビーアンとの結婚を認めるという可能性に疑問を呈した[59]。晩年に、ジョセフィーンは、ユダヤの教えを実践しなかったし、パートナーらがユダヤ人であるか否かを気にしたようにおもわれない[12]

ジョセフィーンは、ジョニーの求婚は家を出るよい口実である、と考えた。彼女はつぎのように書いた「サンフランシスコの生活はわたしにとって退屈だった。数年前の悪い経験にもかかわらず、冒険への呼び声はなおも、わたしの血を騒がせた」[5]ジョセフィーンが1879年12月1日にマークハムの一行といっしょに初めて到着したと晩年、報告したこと、ジョセフィーンが同年トゥームストーンでビーアンと落ち合ったことを考慮に入れれば、彼女の「数年前のひどい経験」("my bad experience of a few years ago")への言及は、彼女が1879年以前にいちじアリゾナに居たにちがいないということを意味している[5]

アリゾナおよびサンフランシスコのサディー[編集]

サディーは、ティップ・トップ近くのジレット(Gillete)を発ち、1880年2月13日にフェニックス(Phoenix)に到着した。同じ週に、ビーアンは、フェニックスのバンク・エクスチェンジ・ホテル(Bank Exchange Hotel)の名簿に登録したし、3月5日に『Weekly Journal Miner』は、サディーは3月2日にフェニックスからジレットに戻った、と報じた[25]:49

1880年1月2日に合衆国国勢調査は、サディー・マンスフィールドは、職業は「娼婦」(courtesan)、ティップ・トップに住んでいる、と記録していた。1880年1月1日か2日に、サンフランシスコ第9区国勢調査員ウィリアム・V・キャロル(William V. Carroll)は、マーカス宅を訪れた。彼はその一家から約2ブロックのところで暮らしていたので、彼はたぶん一家を知っていた。彼は、ジョセフィーンをマーカス世帯の一員として記録したが[4]、これは両親によって提供されたかもしれない情報である。しかしジョセフィーンは、国政調査員が戸口に姿を現わしたとき、両親は自分の活動を隠した、両親は自分の代理をした、と言った[25]:49。サディー・マンスフィールドとサディー・マーカスは、名前と頭文字が酷似していて、友人らには「サディー」("Sadie")として知られていて、驚くべき一連の偶然の一致をなしている。両者ともにサンフランシスコからアリゾナ準州プレスコットまで乗合馬車旅行をした。両者ともにジュリア(Julia)という黒人の女といっしょに旅行した。両者ともにビーアンという性的パートナーがいた。両者ともに19歳で、ニューヨーク生まれで、両親はドイツ出身であった[42][56]。唯一の違いは、1880年の国勢調査での職業であった:サンフランシスコのサディーは「在宅」("At home")として表に記入され、そのいっぽうでティップ・トップのサディーは「娼婦」("Courtesan")と記録された[42]。(1920年の国勢調査でサディーは、自分の家族はプロイセンに境しているドイツのハンブルク出身である、と国政調査員に報告した)[42]

トゥームストーンに移る[編集]

1880年9月に、ビーアンとサディーはティップ・トップを発ちトゥームストーンに向かった[46]:19。彼らが到着してまもなく、ビーアンの元妻は8歳の息子アルバート(Albert)を彼と暮らすように遣った[32]。自分の伝記を再構築するさいに、ジョセフィーンは何年ものちに、自分は本当はキティー・ジョーンズ(Kitty Jones)およびその夫である弁護士と暮らしていた、そのいっぽうでビーアンのための家政婦をしていた、と言った。ボイヤー(Boyer)その他の現代の調査者らは、彼女は実際にはビーアンと暮らしていた、と主張している[27]:117[60]。彼女の立場から話される伝記のなかでは、彼女は、サンフランシスコを離れ、ビーアンと落ち合い、1880年10月にトゥームストーンに行き[61]:63、彼が自分と結婚するという約束を果たしてくれるだろう、と願っていた。彼が遅れたとき、彼女はいつでも彼から離れる覚悟が出来ていた[27]

ジョセフィーンは、サンフランシスコに戻るように強く求める、父親から手紙と300ドルを受け取った、と『I Married Wyatt Earp』に引用されている[32]。金は彼女の帰りの旅をまかなうためであったし、それは彼女の必要な運賃の10倍であったし、彼が金を彼女に送った記録は無い[42]。トゥームストーンを離れるどころか、ジョセフィーンはのちに、ビーアンは、自分を説得して自分らのために家を建てる[32]、関係を続けさせる[32]金を使わせた、と書いた。当時、彼女の両親、姉妹ヘンリエッタ、兄弟ネーサンはみな、サンフランシスコのマーケット・ストリートの南の下層階級の界隈に、彼らの娘、彼女の夫、彼らの4子、および下宿人といっしょに暮らしていた。父親はパン職人として働いた。彼が、彼女の言う「裕福なドイツ系の商人」("wealthy German merchant")であったということはありそうもない[42]

彼女の父親が彼女に金を送ったという記録は無いいっぽうで、調査者らは、ジョセフィーンによってサンフランシスコの家族に送られた、あわせて50ドルになる郵便為替の記録を捜し出した。このうち1つは、彼女のジョニー・ビーアンとの関係が終わったのちに送られており、これは、彼女が恋人のいない女(a single woman)として金を稼いでいたことを示している[42]

ビーアンを蹴り出す[編集]

1881年前半に、ジョセフィーンは、サンフランシスコへの短い旅行ののち、トゥームストーンに戻った[62]。また別の話では、彼女はビーアンの、聴覚障害のある息子アルバートをサンフランシスコに治療のために連れていったという。戻るやいなや、彼らは予定よりもいちにち早く、晩おそくに、彼女の父親の金で建てた家に着いた。ビーアンが自分らの或る友人の妻とベッドに居るのを見つけて、彼女は彼を蹴り出した[32][45]

ワイアット・アープとの初期の関係[編集]

ワイアット・アープ 39歳くらい

彼女とワイアット・アープとの関係がいつどのように始まったのかは、不明である。トゥームストーンの日記記入者ジョージ・W・パーソンズ(George W. Parsons)は、ワイアット・アープとジョセフィーンがいっしょにいるのを見たとはけっして言わなかったし、ジョン・クラム(John Clum)もまたその回想録で言わなかった[63]:p235。 彼らの関係のトゥームストーンでの同時代の記録はないいっぽうで、ビーアンとアープの両者が、クリスタル・パレス・サルーン(Crystal Palace Saloon)の上に事務所を持っていたから、確実にたがいに知り合っていた[64]

フランク・ウォーターズ(Frank Waters)は、その書籍『The Tombstone Travesty』(のちに『The Earp Brothers of Tombstone』として刊行される)のなかで、ヴァージル・アープ(Virgil Earp)の妻アリー(Allie)がつぎのように言っていると引用した、「サディーの魅力は否定できない。彼女は、身体が小柄で引き締まっていて、ヒップの『動き』(meneo)が、フラウンスのついたゆったりしスカートを跳ねさせさせ続けた[32]。サディーは魅力的な女で、髪は豊かで黒っぽく、眼は生き生きとして黒く、胸は豊かであった[12]

一部の現代の著者は、ジョセフィーンがビーアンを蹴り出したのち、ワイアット・アープがジョセフィーンのところに引っ越した、と考えている。しかし、ビーアンとサディーが家を建てて8ヶ月もしない1881年4月に、彼女はそれをドクター・ジョージ・エモリー・グッドフェロー(Dr. George Emory Goodfellow)に賃貸した[62]。8月および9月のいつかに、サディーとワイアットは、友人になったのかもしれず、ひょっとするとさらに深い関係になったのかもしれない。作家アラン・バラ(Alan Barra)は、OK牧場の決闘の前にビーアンとアープはたがいに1人の女に惹かれていることを知っていて、OK牧場の決闘が彼らの敵意の一因であったかもしれないと提示している[63]:p235。作家スチュアート・レークは手紙の中で、「ジョニー・ビーアンの恋人」("Johnny Behan's girl")は「トゥームストーンという織り糸全体の鍵」(“the key to the whole yarn of Tombstone”)である、と書いた[65]

元ニュー・メキシコ準州知事ミゲル・アントニオ・オテロ(Miguel Antonio Otero)によって書かれた手紙が、アープが1882年4月にトゥームストーンを離れる少し前にジョセフィーンに対する強い感情を持っていたことを示しているようである。アープ・ヴァンデット・ライド(Earp Vendetta Ride)につづいて、アープ民兵団は、2週間、アルバカーキに行った。そこに居るあいだ、ワイアットは、成功した実業家ヘンリー・N・ジャッファ(Henry N. Jaffa)の家に滞在したが、ジャッファはニュー・アルバカーキの商工会議所の会頭(president of New Albuquerque’s Board of Trade)でもあった。ジャッファもまたユダヤ人であった[2]

ワイアットとホリデイは、ホリデイが1878年にドッジ・シティ(Dodge City)でアープの生命を救って以来、親友どうしであった[66]。アルバカーキに滞在中、2人の男は、「ファット・チャーリー」("Fat Charlie")所有のリトリート・レストラン(Retreat Restaurant)で食事をした。オテロ(Otero)は手紙に書いた、「ホリデイは、アープが『いまいましいユダヤ小僧』('a damn Jew-boy')になったことについて何か言った。アープは腹を立てて立ち去った....。[ヘンリー・]ジャッファはのちにわたしに、アープの恋人はユダヤ女(Jewess)(蔑称)だ、と語った。アープはその家にはいるとき、メズーザーを実践した」("Holiday said something about Earp becoming 'a damn Jew-boy.'Earp became angry and left….[Henry] Jaffa told me later that Earp’s woman was a Jewess.Earp did mezuzah when entering the house.")アープの、ホリデイの民族的中傷に対する怒りは、彼のジョセフィーンに対する当時の感情が、普通に知られている以上に本気であったことを示しているのかもしれない。手紙の中の情報は、当時それは1940年代に書かれたから、感嘆させずにはおかないが、トゥームストーンに暮らしている間のワイアット・アープとジョセフィーン・マーカスとの関係は、実質上、知られていなかった。オテロがこれらのことを書き得た唯一の方法は、もし彼が関係者の一部と個人的関係があった場合であった[2][67]。アープ仲間はアルバカーキで仲間割れし、ホリデイとダン・ティップトンは乗ってプエブロに行き、そのいっぽうで、一団の残りはガニソン(Gunnison)に向かった[68]

トゥームストーンで使われた複数の名前[編集]

1881年1月に、サディーは、ジョセフィーン・ビーアンの名前を使って母親に郵便為替を送り[42]、そしてワイアット・アープはまだ、内縁の妻マティー・ブレーロック(Mattie Blaylock)といっしょに住んでいた[69]:59。翌月、1881年7月に、ジョセフィーン・ビーアンはトゥームストーンを離れる予定である、と報じられた。しかし8月に、或るトゥームストーンの新聞は、サディー・マンスフィールド宛ての手紙が郵便局にある、と報じた。サディーはどうやら、ビーアンの妻であるともはや主張していなかったらしい。

決闘後の存在[編集]

ジョセフィーンは1881年10月26日、OK牧場の決闘の日に、自分はうちにいて発砲の音が聞こえた、と言っている、と『I Married Wyatt Earp』のなかに引用されている。銃撃の方向に、町の中に走り込んで、ジョセフィーンはワイアットが傷を受けていないのを見て安心した[70]:117。他の調査者らと作家らは、彼女がその日、町に居たことはよくわかってさえいない。同時代の記録は、その後彼女を銃撃戦の現場に置いてはいない[65]

OK牧場の決闘ののち、アイク・クラントン(Ike Clanton)は、アープ家の人々およびドク・ホリデイを謀殺で訴えた。1ヶ月におよぶ予備審問の間、裁判官ウェルズ・スパイサー(Wells Spicer)は、多くの証人の証言を聞いた。『The Tombstone Epitaph』は1881年11月11日に、サンフランシスコからの「S・マンスフィールド」("S. Mansfield")が、OK牧場の決闘のスパイサーの聴聞でのワイアットの証言の数日前に、カリフォルニア州コルトン(ワイアット・アープの両親が住む)を通過していた、と報じた[42]

トゥームストーンを立ち去る[編集]

1882年4月までの数ヶ月間に、サディー・マンスフィールドは、トゥームストーンとサンフランシスコとの間を数回、往復したとさまざまな新聞に記録されている。『The Epitaph』は1882年2月27日に、トゥームストーンのS・マンスフィールド(S. Mansfield)は、トゥームストーンのS・マンスフィールドは他の乗客といっしょに、カリフォルニア州コルトンを通過して西から戻りつつある、と報じた[25]:52。1882年3月に、サディーは、サンフランシスコの母親ミセス・H・マーカス(Mrs. H. Marcus)に郵便為替を送った。彼女は、名前にマーカスをもビーアンをも使わなかったが、自分に郵便為替を送ってくれと或る友人に頼んだ[42]

サディーは、ミセス・J・C・アープ(Mrs. J. C. Earp)またはミセス・ワイアット・アープ(Mrs. Wyatt Earp)として旅行しながら、1882年3月25日にトゥームストーンを発ちロサンゼルス経由でサンフランシスコの彼女の家族に向かった[71]。これは、モーガン・アープが暗殺された1週間後で、ワイアットが、彼が責任があると考えた人々を追跡して出発した5日後であった[72]:38

アープ・ヴェンデッタ・ライド(Earp Vendetta Ride)が1882年4月に終わったのち、ワイアットはアリゾナを発ち、コロラドに向かった。アープの前妻マッティー・ブレーロック(Mattie Blaylock)は1882年4月にアープの家族の他のメンバーといっしょにカリフォルニア州コルトンに旅をして、ワイアットが彼女に電報を打って彼女を彼と落ち合うように招いた。ワイアットはけっして彼女に人を遣らなかったし、彼女はアリゾナ州ピナル(Pinal)に移り、そこで娼婦として人生を再開し、結局、アヘンチンキの過剰摂取による自殺を遂げた[73]。サディー・マンスフィールドは1882年7月の国勢調査で注意されたときふたたび姿を現わしたが、ジョセフィーン・マーカスとジョセフィーン・ビーアンはそうではなかった[25]。サディーとジョン・ビーアンは、別の住所に暮らしていた[42]

トゥームストーン後の人生[編集]

ジョセフィーンの、トゥームストーン後の、そしてワイアット・アープといっしょの、生活は、よく知られていないが、彼女が複数の事実を隠すために語ったトゥームストーンの暮らしの話によって不明瞭にされている。『San Diego Union』は1882年7月9日に、ヴァージル・アープはサンフランシスコに居る(粉々になった腕の手当を受けている)、ワイアットはその日そこに到着することになっている、という『San Francisco Call』の記事を掲載した[25]:52。同じ時期に、ジョセフィーンは、「ジョセフィーン・ビーアン」("Josephine Earp")の名前を使い始めた。ワイアットは、カリフォルニア州サンタローザで、厩舎を営む仕事に就いた。アープは、賭博師のみならずスポーツマンとしても名声を築いた。彼はサンフランシスコに6頭の厩舎を所有しているという評判で[74]、ただしそれらのウマは賃貸借されていることがのちにわかった[75]。サンタ・ローザで、アープは繋駕競争で競い、勝った。『Sacramento Daily Record』は1882年10月20日に、ヴァージルはトゥームストーンから町に到着して、東から到着する兄弟ワイアットを迎えた、と報じた[25]:52

採鉱キャンプと新興都市[編集]

1883年前半に、ジョセフィーン - ワイアットは彼女をサディーと呼んだ - とワイアットはサンフランシスコを発ちコロラド州ガニソン(Gunnison)に向かったし、ガニソンでアープは、ドッジ・シティー(Dodge City)のルーク・ショート(Luke Short)から助力の要求を4月に受けるときまで、ファロ銀行を営んだ[41]:p275-298。1883年12月には、彼らは、テキサス州ガルベストンを訪れたし、1884年3月には、彼らは、ソルト・レーク・シティーに居た。ジョセフィーンとワイアットは、自分らが投資し得る金および銀の採鉱を求めて西部諸州を旅行した。1884年に、ワイアットと妻ジョシー、兄弟ウォーレン(Warren)およびジェームズ(James)、およびジェームズの妻ベシー(Bessie)は、アイダホ州イーグル(Eagle)という別の新興都市に到着したが、ここは、コー・ダリーン地区における金、銀および鉛の発見の結果として作られた。(そこは今はアイダホ州ショショーニ郡ゴーストタウンである)[76]。ワイアットは、アイダホ州マレーーイーグル採鉱地区(Murray-Eagle mining district)で金(きん)を捜している群衆を追い、直径50フィート (15 m)の白いサーカス小屋のために2250ドルを支払ったし、そこに彼らはダンス・ホールと「ホワイト・エレファント」(The White Elephant)というサルーンを開いた[41]:p275-198[77]

コー・ダリーンの採鉱ベンチャーが鎮まったのちに、アープとジョシーは短くテキサス州エルパソに行き、それから1887年にカリフォルニア州サンディエゴに移ったし、そこでは鉄道が到着する予定で、不動産にわか景気が進んでいた。彼らは、約4年間、滞在し、大部分の時間をブルックリン・ホテル(Brooklyn Hotel)で過ごした[78]。アープは、サンディエゴのにわか景気の不動産市場で投機をした[79]。1887年と1896年ころとのあいだ、彼は、4つのサルーンおよび賭博場を買ったが、1つはフォース・ストリート(Fourth Street)に面し、2つはシックスス・ストリートおよびイースト・ストリートの近くで、すべては町の「お上品な」("respectable")地区にあった[79][80][81]

アープ家の人々は1891年にサンフランシスコに移り戻り[82]、そのためにジョシーは彼女の一家に近いこともあった。アープは賭博師としての名声のみならずスポーツマンとしての名声をも高めた[69]。彼は、サンディエゴの財産にしがみついたが、その価値は下落したが、彼は税金を支払えず、それらロットを売らざるを得なかった。彼はウマを競わせ続けたが、1896年までに彼はもはやウマを所有する余裕はなかったが、カリフォルニア州サンタローザの、彼が彼女のために経営した厩舎の所有者のために競走に出した[82]

ワイアットとの結婚[編集]

ジョセフィーンは『I Married Wyatt Earp』のなかで、自分とワイアットはラッキー・ボールドウィン(Lucky Baldwin)のヨットの船長によって沖合で1892年に結婚した、と書いた。レーモンド・ネズ(Raymond Nez)は、自分の祖父母らはカリフォルニア沿岸沖合で彼らの結婚の立会人をつとめた、と書いた[21]。彼らの結婚の公的記録は、見つかっていない[62]。ワイアットとジョシーは、ひとりも子供をもたなかった。ジョシーは生涯で2回、流産したし、明らかに子供をもつことはできなかった[1]。彼女は、ジョニー・ビーアンの息子アルバート・プライス・ビーアン(Albert Price Behan)との関係を維持したが、彼を彼女はじつの息子として愛するようになっていた[70]。彼らは、おなじひとつの町に住んでいるときでさえ、しばしば移動した。1891年から1896年まで、アープ家の人々は、サンフランシスコのすくなくとも4か所に住んだ:エリス・ストリート145番地(145 Ellis St.)、マカリスター・ストリート720番地(720 McAllister St.)、7番街514番地A(514A Seventh Ave.)、ゴールデン・ゲート街1004番地(1004 Golden Gate Ave.)[69]。1903年ころ、南カリフォルニアに移ったのち、彼らはまた数カ所で暮らした。

彼らを知る多くの人々によれば、彼らの関係はしばしば、嵐のようであった[20]。ワイアットには、いたずら好きなユーモアのセンスがあった。彼は、妻が「ジョセフィーン」("Josephine")のほうを好み、「サディー」("Sadie")を忌み嫌っていることはわかっていたのに、関係の初期に、彼は彼女を「サディー」('Sadie')と呼び始めた[83]。ジョセフィーンは、ワイアットの仕事と財政的成功の不足について、さらには彼の性格と人格についてさえ、しばしば不平をこぼした。ワイアットはしばしば、彼女から逃れるために長い散歩に出かけたものであった[20]

それぞれが結婚外の情事をもったかもしれない[20]。ジョセフィーンは支配的なこともあった。グレース・スポリドラは、アープの、カリフォルニア州ニードルズ(Needles)の彼女の家への訪問のあいだティーンエージャーであって、ときには彼らといっしょにサンディエゴに行った。彼女は、高度に誇張されたワイアット・アープに関する話をジョセフィーンのせいに帰した。サディーは「、ワイアットがスチュアート・レークと話そうとするときはいつでもじゃまをしたものであった。彼女はじゃまばかりしていた!彼女は、彼に、規則正しく教会に行く聖人そっくりになり、ものごとを大げさに言ってもらいたかった。ワイアットはそんなものは全然、欲しくなかった!」("would always interfere whenever Wyatt would talk with Stuart Lake.She always interfered!She wanted him to look like a church-going saint and blow things up.Wyatt didn't want that at all!")[84][20][21]

ジョセフィーンがアープの履歴からこすり落としたかった複数の事実の中で、彼女は、説得して伝記作者フラッド(Flood)、レークおよびバーンズ(Burns)にアープは禁酒家であったと書かせた。グレース・スポリドラの父親チャーリー・ウェルシュ(Charlie Welsh)は、アープの良い友人であった。彼は、一家の酒盛りの婉曲表現で「財産を見るために」("to see property")一度に何日も姿を消すことで知られ、アープは彼のレギュラーなパートナーであった[70]。監督ジョン・フォードは、ジョセフィーンが宗教的集会のために町を離れたときはいつでも、アープは町に入り、ポーカーをし、カウボーイ俳優らといっしょに酔ったと言った[85]

ネバダからアラスカへ、そしてネバダへ[編集]

ワイアット・アープのノーザン・サルーン ネバダ州トノパー 1902年ころ 男(中央)がワイアット・アープと考えられ、女(左)はしばしばジョセフィーン・アープとされる
アープ家の人々はアラスカ州ランパートのこのキャビンをレックス・ビーチから賃借し、1898年-1899年冬をここで過ごした

1897年8月5日に、アープとジョシーは採鉱のにわか景気にふたたび加わり、アリゾナ州ユマを発ち、サンフランシスコに向かった。彼らは、アラスカのゴールド・ラッシュに加わるためにアラスカに向かおうと計画していたが、ワイアットがマーケット・ストリート(Market Street)の路面電車を降りるときに倒れ、腰を傷めて、彼らの出発は3週間、延びた[70]。同時にジョセフィーンは妊娠したし、自分は説得してアープをアラスカに向かわせないようにすることができる、と考えた。彼は承諾したが、ジョセフィーンは、37歳で、そのごまもなく流産した[70][86][29]:78。彼らは結局、10月21日に汽船『ロザリー』(Rosalie)に乗り込んだ[87]

彼らは10月21日にアラスカ州ノーム行きの汽船『ロザリー』(Rosalie)に乗り込んだ[88]。彼らがランゲルに着いたとき、季節はすでに晩かったし、そして彼らはランパート(Rampart)で冬を越すことを選んだ。彼らは、レックス・ビーチ(Rex Beach)から100ドルでキャビンを賃借し、1898年ー1899年の冬をそこで過ごした。彼は、1899年春にノートン湾のセント・マイケル(St. Michael)で小さな店を営んだが、セント・マイケルは、ユーコン川経由でアラスカ内陸部に至る出入口であった[89][90][91]

その春、彼らは、ドーソンのゴールドラッシュは終わりに近づきつつある、と判断し、そのかわりノームに向かった。アープとパートナーのチャールズ・E・ホクシー(Charles E. Hoxie)とは、ノームで最大の、デクスター・サルーン(Dexter Saloon)を建てた。ジョセフィーンはあまりに無謀に賭博をしたので、ワイアットは彼女を切り離し、ほかの賭博場に同じことをするように頼んだほどである[92]。彼女はまた、アラスカとの往復の船上でも賭博をした[25]:54

1899年11月に、彼らは、或る期間アラスカを離れ、サルーンと賭博場を開く計画をたずさえてワシントン州シアトルに行った。1899年11月25日に、『Seattle Star』は、アープの到着を報じた[93][94]。賭博は違法であったのに、警察は、3つの最大の賭博コンセッションの所有者であるジョン・コンシダイン(John Considine)によって金を支払われ、見てみない振りをした。コンシダインは、アープを成功させないようにしておこうと努め、彼の住居が警察に急襲されるように手はずを整えた。アープ家の人々は1900年4月に、サンフランシスコに短期間、戻ったが、シアトルに戻り、汽船『アライアンス』(SS Alliance)に乗り込んだ。1900年6月14日に、ワイアットとジョセフィーンは、アラスカ州ノームに行こうとしていた[93][95][29]:78

アープ家の人々は、アラスカから戻ったのち1901年12月にロサンゼルスのホレンベック・ホテル(Hollenback Hotel)に滞在した

ワイアットとジョシーは、1901年12月13日にロサンゼルスに戻り、ホレンベック・ホテル(Hollenbeck Hotel)に滞在した。 彼らは、8万ドルという関係する財産(こんにち約2,410,000ドル相当)を持っていたと推定される[96]。1902年2月に、彼らはネバダ州トノパー(Tonopah)に到着したが、トノパーは「銀のキャンプの女王」("Queen of the Silver Camps")として知られたが、同地からは1900年に金と銀が発見され、にわか景気が進行中であった。彼はトノパーでノーザン・サルーン(Northern Saloon)を開き、J・F・エミット保安官(Marshal J.F. Emmitt)の下で保安官代理を務めた[29]:78[97]

砂漠のコテージ[編集]

ワイアット・アープのキャンプ、テント、あずまや カリフォルニア州ヴィダル近く ワイアットの採鉱作業所 サディーは左に、ワイアットは右にイヌと、いる
ワイアットとジョセフィーン・アープ 彼らの鉱区近くのあずまや カリフォルニア州ヴィダルの外 2人がいっしょに居ることが確認された唯一の写真[98]

トノパーの金鉱の発見が衰えたのち、ワイアットはモハーヴェ砂漠デスヴァレーその他のすぐ外の複数の採鉱権を賭けた。1906年、彼は、コロラド川のカリフォルニア州ヴィダルのソノラ砂漠町の近くの金および銅の鉱床をいくつか発見し、100を超える採鉱権(mining claims)の訴えを起こし[62]、それはウィップル・マウンテンズ(Whipple Mountains)の近くであった。ワイアットとジョシー・アープは、ロサンゼルスで夏を過ごし、そして早くも1885年に、そして1929年になってやっと、たいていは夏を、少なくとも9つの小さなロサンゼルスの賃貸物件で、暮らした[62]。彼らは、彼らがかつて所有した唯一の家を買い、1925年 - 1928年の秋、冬、そして春をそこで暮らしたが、そのいっぽうで彼は、数マイル北のウィップル・マウンテンズのハッピー・デーズ鉱山(Happy Days mines)で働いた[99]。ワイアットは、金鉱でささやかな成功を収め[100]、彼らは、それと、オークランドおよびカーン郡の油田の投資からの収入で、暮らした[101][102]。ジョシーの3人の姪、異父母姉妹レベッカの娘ら、そして夫アーロン・ウィーナーは、冬の複数月に砂漠キャンプの夫婦をしばしば訪れたものであった[21]

ロサンゼルスの暮らし[編集]

チャールズ・ウェルシュ(Charles Welsh)は、アープが1876年ドッジ・シティー(Dodge City)以来、知っている友人で、引退した鉄道技師であったが、1923年ころ、サンバーナーディーノ、カリフォルニア州ニードルズ(Needles)の、のちにロサンゼルスの、自分の家庭を訪れるようにしばしばアープ家の人々を招いた[103]。アープ家の人々は頻繁な訪問者で、しばしばウェルシュ家といっしょに休日を過ごしたが、彼らはジョセフィーンの賭博癖を正当に評価しなかった[21]

賭博癖[編集]

ジョセフィーン・「サディー」・マーカス・アープ ワイアット・アープの内縁の妻 1921年7月4日

ジョセフィーンは、ポーカーをするのが大好きであったし[104]、重い賭博癖がつき[12]、ときどき多額の損をした[105]

彼らがサンディエゴで暮らしていた間、ワイアットは、カード・ゲームで勝ち取ったウマであるオットー・レックス(Otto Rex)を出走させた。そのウマはしばしば勝ち、ときどきワイアットは収入でジョセフィーンにいくらか宝石類を買ってやった。ジョセフィーンは、賭博癖を満足させるために、宝石類を百万長者ラッキー・ボールドウィン(Lucky Baldwin)に質入れしたものであった。ジョセフィーンは結局、実質上すべての宝石類をボールドウィンに売った[70]。ジョセフィーンは競馬賭博に依存していて、彼女の賭け金は増えて、とうとうワイアットは彼女に最後通牒を出した。「あなたは賢い賭博師ではない。そしてあなたはそのように金を賭ける権利は無い。こうなったからにはわたしはこれ以上あなたの宝石類を質請けするつもりはない」("You're not a smart gambler.And you have no business risking money that way.Now after this I'm not going to redeem any more of your jewelry.")彼はまたボールドウィンに、ジョセフィーンに金を貸すのをやめてくれと言ったが、彼女はともかく賭博をし続けた[25]。彼は、彼女の賭博癖に怒り狂っていたし、その間、彼女はかなりの金額を失った[20]

ワイアットは、1896年12月2日のボクシング試合ボブ・フィッシモンズ対トム・シャーキー(Tom Sharkey)に言及し、結果について八百長をしたとして訴えられた。彼は、フィッツシモンズに、だれも見なかったファウルを宣告したし、ワイアットは賄賂を受け取ったと広く非難された[106]。サンフランシスコ市長ワシントン・バートレット(Washington Bartlett)によって任命された委員会によるボクシング試合の捜査の間、彼らは、ジョセフィーン・アープは「堕落した競馬狂」("degenerate horseplayer")である、彼女はしばしば宝石類を担保に融資を受ける、と知った[107]。『San Francisco Examiner』は、彼をあざ笑う誇張した細部でアープの人生を記す一連の記事を3日間、載せた[70]。自分につきまとうボクシング試合をめぐる論争を避けたくて、アープは、サンフランシスコの競走馬を経営することを諦め、1896年12月20日に彼とジョシーはアリゾナ州ユマに向けて発った[108]

1920年代に、ワイアットはジョシーに、カリフォルニア州カーン郡のオイル・リースの請求権の、署名入りの法的文書と出願料を与えた。彼女は、出願料を賭博で失い、リースに降りかかったことについてワイアットに嘘をつき、のちにそれは高価なことが判った。彼女の家計管理能力を疑って、ワイアットは、彼女の姉妹ヘンリエッタ・レンハート(Henrietta Lenhardt)と取り決めを結んだ。ワイアットは、彼の死後売上金はジョシーの利益になるという取り決めとともにヘンリエッタの名義で所有したオイル・リースを置いた。ヘンリエッタの3子は、母親の死後、取り決めを無効にし、ロイヤリティーをジョセフィーンに渡さなかった[109]:259

ワイアットとののちの関係[編集]

ウェルシュの娘グレース・ウェルシュ・スポリドラ(Grace Welsh Spolidora)は、アープ家の人々とともに過ごす時間は多かった。彼女は、ワイアットの晩年、ジョセフィーンは家族から手当を受取り、それを賭博で失い、しばしばワイアットを空腹なままにしておいた、と言った[84][110]。ワイアットは1928年後半に、危篤状態に陥った。グレースは、ジョシーはけっして多くの技量を持っていなかったが、ワイアットのためにほとんど家事あるいは料理をしなかったことを思い出した。彼女と義理の姉妹アルマは、ジョシーがワイアットにたいしておこなった世話を気にかけなかった。彼は重病であったのに、彼女はそれでもなお彼に料理してやらなかった。グレース、彼女の姉妹ら、アルマ、母が食事を持ち込んだ[21]

1929年1月13日に、ワイアットは、死亡した[18]。グレース・ウェルシュと義理の姉妹アルマは、ワイアットの火葬の正当な立会人であった。ジョセフィーンはどうやらあまりに悲しみでいっぱいで、葬儀を助けたり列席したりできなかったらしい。グレースは、ジョセフィーンが列席しないことで取り乱していた。「彼女は葬儀に行きさえしなかった。彼女はそれほど取り乱していなかった。彼女は変わり者であった。わたしは、彼が死亡したとき彼女は打ちひしがれていなかったと思う」("She didn't go to his funeral, even.She wasn't that upset.She was peculiar.I don't think she was that devastated when he died.")[21]ワイアットの死後、ジョセフィーンは、友人らと家族に、自分をワイアットが呼んだ名前であるサディー(Sadie)と呼ぶのをやめるように言い、自分をジョシー(Josie)と呼ぶようにと言い張った[25]:56

ロサンゼルスにいる間、ワイアットとジョセフィーンは、セシル・B・デミルゲイリー・クーパーを含む多くの名士と友人になった。1939年にジョセフィーンは、映画『Wyatt Earp: Frontier Marshal』をつくらせないようにしておこうとして5万ドルを求めて20世紀フォックスを訴えた。ワイアットの名前がタイトルから取り除かれるという条件で、映画は『Frontier Marshal』(1939年)[111]。として封切りされた[112]。彼女は、映画のロイヤルティーと、スチュアート・レークの夫に関する書籍によって得られたロイヤルティーの2分の1を受け取った。ワイアットが死亡したのち、ジョセフィーンは晩年をロサンゼルスで過ごした。

死亡と埋葬[編集]

ジョセフィーンとワイアット・アープの墓 ヒルズ・オヴ・エターニティー共同墓地 カリフォルニア州コルマ

ジョセフィーン・アープは、肉親(immediate family)のうち最後の生き残ったメンバーであった。彼女の異父母姉妹レベッカ・ウィーナー(Rebecca Wiener)(レヴィ(Levy))には3子があったが、レベッカは1927年12月27日にサンフランシスコで死亡した[113]。1912年8月17日に彼女の母親が死亡した[114]。1911年に彼女の姉妹ヘンリエッタは死亡した[115]。1906年5月17日に彼女の兄弟ネーサンは死亡した。1895年1月25日に彼女の父親は死亡した[116]。ワイアットが1929年に死亡したとき、彼女は彼の遺体を火葬し、カリフォルニア州コルマ(Colma)のジューイッシュ・ヒルズ・オヴ・エターニティー・メモリアル・パーク(Jewish Hills of Eternity Memorial Park)のマーカス家の区画に彼を埋葬した[117]

ジョセフィーンは、1944年12月20日に、彼女とワイアットとがロサンゼルスのウェスト・アダムズ地区(West Adams district)の17番通り4004番地西(4004 W. 17th Street)のそのバンガローで、83歳で、死亡した[118]。彼女はいちもんなしで死亡した。グローマンズ・シアター(Grauman's Theater)のシド・グローマン(Sid Grauman)と、カウボーイ俳優でワイアット・アープの長年の友人ウィリアム・S・ハート(William S. Hart)が、葬儀と埋葬の費用を支払った。彼女はユダヤ教の信仰において決して活動的ではなかったが、葬儀はラビによって執り行われた。彼女の遺体は火葬され、ワイアットの遺物のとなりに埋葬された[1][119]。彼らは、両親および兄弟ネーサンの近くに埋葬されている。

彼女の遺体は、ワイアットの遺灰とともに葬られた。彼女は、1944年の彼女の死のすぐ後に盗まれた小さな白大理石の墓石の代金を支払った。それは、カリフォルニア州フレズノの或るバックヤードから発見された。平らな花崗岩の上の2つめの石もまた盗まれた[117]

1957年7月7日に、墓泥棒らが、アープの遺灰を納める壺を明らかに盗もうとして彼の墓を掘り下げたが、見つけられず、300ポンド (140 kg)の墓石を盗んだ[120]。俳優ヒュー・オブライエンは、『保安官ワイアット・アープ』でワイアット・アープを演じていたが、石の返還に懸賞金を提供した。それは、ノミの市に売りに出されていた[117]

共同墓地の職員らがコンクリート製のストーン・フラッシュ(stone flush)が置き直したが、それはふたたび盗まれた。俳優ケビン・コスナーは、1994年の映画『ワイアット・アープ』でアープを演じたが、新たな、より大きな石を買おうと申し出たが、マーカス家は彼の申し出は利己的である、と考え、謝絶した。ジョシーの異父母の姉妹レベッカの子孫らは、南カリフォルニア州のいちグループが、現在その場にある石を建てるのを許した。もっと前の石は、コルマ・ヒストリカル博物館(Colma Historical museum)に展示されている[117][121]

ポピュラー文化[編集]

後年、ジョセフィーンは、彼女がジョニー・ビーアンの情婦であったという、あるいはワイアットの以前の娼婦マッティー・ブレーロックとの内縁関係に関する、あらゆる言及を削除するために懸命に働いた。

書籍『I Married Wyatt Earp[編集]

I Married Wyatt Earp』の表紙にグレン・ボイヤーによって用いられた未修正のグラビア写真。彼は、これは1880年以後のジョセフィーンの写真であると主張したが、これは実際は1914年に著作権が取得された

彼女は、スチュアート・N・レーク(Stuart N. Lake)のワイアットの伝記に女2人ともの名前が出ないように首尾良くしたし、ジョセフィーンは、彼が死亡したのち、それをそのようにするために訴訟するぞと脅したのかもしれない。レークは数年間、ジョセフィーンと手紙を交わしたし、彼は、彼女は、弁護士に依頼することを含めて、可能な限りあらゆる方法で自分が書くものに影響を及ぼし、自分を妨害しようとした、と主張した。 ワイアット・アープの死後、ジョセフィーンは、自分をジョシーあるいはジョセフィーンと呼ぶように言い張って聞かなかった[20]。ジョセフィーンは、自分の伝記を出版させようと努め、ワイアットのいとこメーベル・アープ・ケーソンとケーソンの姉妹ヴィノリア・アープ・アッカーマンの助力を得た。彼らは、彼女の生涯の出来事を記録したが、ジョセフィーンはトゥームストーンでの初期の人生については回避的であるとわかった。彼女はその本のためにいくつかの出版者に近づいたが、自分に有利に記憶をゆがめるのでなく、完全に率直で協力的であるべきだという彼らの強要のために、彼女は数回、手を引いた。ジョセフィーンは、トゥームストーンの光沢を失った履歴と自分が見なしたものを公表しないでおきたがった。ジョセフィーンは、自分はワイアット・アープの遺産を守ろうと努力していた、と主張した[18]。彼女はまた、金を必要としていたし、この書籍を書いているレークに書籍の収集を売ろうとした[18]

ジョセフィーンは最後には、気が変わり、ワイアットのいとこらに彼らの仕事を焼くように頼んだが、ケーソンは1部しまっておいて、その1部の諸権利をグレン・ボイヤーは結局、取得し[122][123]、それは今、ドッジ・シティーのフォード郡ヒストリカル・ソサイアティー・イン・ドッジ・シティー(Ford County Historical Society in Dodge City)の管理下にある[1]

アリゾナ大学出版(University of Arizona Press)は1976年にその書籍を『I Married Wyatt Earp: The Recollections of Josephine Sarah Marcus』というタイトルで出版した。これは、非常に多年にわたって人気があって、3万5000部を売り上げた大学の4つめのベストセラーとなっている。これは、学者らによって引用され、映画製作者らによって事実として信頼されていた[124]

1994年ころから、批評家らは、この書籍の正確性を問題にし始め、結局は書籍の多くの部分はフィクション的であると証明された。1998年に、グレン・ボイヤーのインタヴューを含む『Phoenix New Times』の一連の記事は、ボイヤーは書籍の大部分をでっちあげた、と主張した[125]。2000年に、大学は、大学および書籍への批判に応え、それをカタログから取り除いた[126]

この書籍は、事実に基づくとされる著作がどのように調査者、歴史家、そして司書を失敗させ得るかということの例となっている。これは2006年に『Annual Review of Information Science and Technology』によって、立証され得ない[127]:489、 or relied on.[36]:154 あるいは信頼されない[36]:154創造的演習と言われた。

ドラマ、映画、ミュージカル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Dr. Ann Kirschner”. Library of Congress. 2015年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月5日閲覧。
  2. ^ a b c Wyatt Earp’s Mezuzah”. JewishPress.com (2015年9月24日). 2015年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月7日閲覧。
  3. ^ "Josephine Maroux", United States Census, 1870; San Francisco; page 160,, Family History film 000545579, National Archives film number M593. Retrieved on November 4, 2014.
  4. ^ a b c "United States Census, San Francisco, California", United States Census, 1880; San Francisco; line 2, enumeration district 99, Family History film 004239987, National Archives film number T9-0075. Retrieved on November 4, 2014.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Mitchell, Carol (February–March 2001). Lady Sadie. True West Magazine. オリジナルのOctober 4, 2011時点によるアーカイブ。. http://www.tombstonehistoryarchives.com/?page_id=41. 
  6. ^ a b c d e Paula E. Hyman, Deborah Dash Moore, ed (November 5, 1997). Jewish Women in America: An Historical Encyclopedia, Vol. 1: A-L. New York, NY: Routledge. ISBN 978-0-415-91934-0. オリジナルのJune 3, 2011時点によるアーカイブ。. http://jwa.org/encyclopedia/article/earp-josephine-sarah-marcus. 
  7. ^ Jim W. Faulkinbury (2007年). “San Francisco Morning Call Newspaper Vital Statistics”. 2012年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月9日閲覧。
  8. ^ a b Calchi, Pat. “I Married Wyatt Earp: The Recollections of Josephine Sarah Marcus Earp”. Book Review. 2010年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月23日閲覧。
  9. ^ a b c d Mitchell, Carol. “Lady Sadie”. True West Magazine. 2011年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月3日閲覧。
  10. ^ San Francisco Genealogy - District & Wards, Election, Voting, Census”. 2011年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月20日閲覧。
  11. ^ San Francisco Directory. San Francisco: The Directory Publishing Company. (April 1880). オリジナルのSeptember 5, 2015時点によるアーカイブ。. https://archive.org/details/langleyssanfranc1880sanf 2015年7月1日閲覧。. 
  12. ^ a b c d e Flanzbaum, Hilene (2013年3月2日). “The Jewish First Lady at Legendary Lawmaker Wyatt Earp's O.K. Corral”. The Forward. 2013年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。
  13. ^ Waters, Frank (1976). The Earp Brothers of Tombstone: the Story of Mrs Virgil Earp. Lincoln, Neb.: University of Nebraska Press. ISBN 978-0-8032-5838-9. オリジナルのJune 17, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=6RAsc5bc-pIC. 
  14. ^ Reidhead, S.J. (2005年9月). “Travesty: Frank Waters Earp Agenda Exposed”. 2014年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月14日閲覧。
  15. ^ a b Rosa, Joseph G. (1980). The Gunfighter: Man or Myth?. Norman: University of Oklahoma Press. ISBN 978-0-8061-1561-0. オリジナルのMay 1, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=Um4KRtIutecC&lpg=PA156&dq=josephine%20marcus%20prostitute&pg=PA156#v=onepage&q&f=false. 
  16. ^ Carnes, Mark C. (November 15, 1996). Past Imperfect: History According to the Movies (Reprint ed.). Holt Paperbacks. p. 160. ISBN 978-0805037609. オリジナルのJune 11, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=2tF3QC18KOIC 2013年4月15日閲覧。. 
  17. ^ McLelland, G.S.. “Wyatt Earp”. 2012年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月26日閲覧。
  18. ^ a b c d Josephine Earp, Wyatt Earp’s Jewish Widow, Admits Her Destitution to Earp’s Biographer”. Shapell Manuscript Collection. 2012年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  19. ^ a b c d e Butler, Anne M. (1987). Daughters of Joy, Sisters of Misery: Prostitutes in the American West, 1865 – 90 (paperback ed.). Urbana, Ill.: University of Illinois Press. ISBN 978-0-252-01466-6. 
  20. ^ a b c d e f g h i j Sadie vs. Josie”. TrueWestMagazine.com (2013年9月30日). 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月9日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g Reidhead, S.J. (2006年10月4日). “Book Review: Wyatt Earp: Frontier Marshal”. 2012年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月11日閲覧。
  22. ^ Dunlap, LucyAnn (2005年9月28日). “Three Wives' Tale: Wyatt Earp”. U.S. 1 Princeton. 2011年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月28日閲覧。
  23. ^ Standard Certificate of Death”. State of Arizona Department of Commerce. 2011年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月12日閲覧。
  24. ^ a b Eppinga, Jane (2009). Around Tombstone: Ghost Towns and Gunfights. Charleston, SC: Arcadia Pub.. p. 128. ISBN 978-0-7385-7127-0. オリジナルのApril 20, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=RUA2TSS3d8UC&pg=PA47. 
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x Monahan, Sherry (2013). Mrs. Earp (First ed.). TwoDot. ASIN B00I1LVKYA. 
  26. ^ a b c d Morey, Jeffrey J. (October–December 1994). “The Curious Vendetta of Glenn G. Boyer”. Quarterly of the National Association for Outlaw and Lawman History (NOLA) XVIII (4): 22–28. オリジナルのOctober 31, 2014時点によるアーカイブ。. http://www.tombstonehistoryarchives.com/?page_id=85. 
  27. ^ a b c Guinn, Jeff. The Last Gunfight: the Real Story of the Shootout at the O.K. Corral and How it Changed the American West (first ed.). New York: Simon & Schuster. ISBN 978-1-4391-5424-3. 
  28. ^ Bemko, Marsha (December 2009). Antiques Roadshow Behind the Scenes An Insider's Guide to Pbs's #1 Weekly Show.. Touchstone Books. p. 49. ISBN 978-1-439-14913-3. 
  29. ^ a b c d Woog, Adam (February 28, 2010). Wyatt Earp. Chelsea House Publications. p. 110. ISBN 1-60413-597-2. オリジナルのMay 29, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=_y9wsnur9R0C. 
  30. ^ Biographical Notes Bat Masterson”. p. 206. 2011年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月14日閲覧。
  31. ^ a b Lackmann, Ron (1997). Women of the Western Frontier in Fact, Fiction, and Film (first ed.). Jefferson, N.C.: McFarland. p. 56. ISBN 978-0-786-40400-1. 
  32. ^ a b c d e f g h i Barra, Alan. “Who Was Wyatt Earp?”. American Heritage. 2006年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月21日閲覧。
  33. ^ Melissa Hope Ditmore, ed. (2006), Encyclopedia of Prostitution and Sex Work, Volume 2, London: Greenwood Publishing Group, p. 407, ISBN 0-313-32970-2 .
  34. ^ a b c Osselaer, H. (2014). “On the Wrong Side of Allen Street: The Businesswomen of Tombstone, 1878–1884”. The Journal of Arizona History 55 (2): 145-166. http://www.jstor.org/stable/24459882 2018年9月12日閲覧。. 
  35. ^ Madams of the Old West” (2011年4月4日). 2011年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月23日閲覧。
  36. ^ a b c Lubet, Steven (2006). Murder in Tombstone: The Forgotten Trial of Wyatt Earp. New Haven, Conn.: Yale University Press. ISBN 978-0-300-11527-7. 
  37. ^ a b c d Marcus, Jacob R. (1981). A Documentary History. New York: KTAV Publishing House. ISBN 978-0-87068-752-5. 
  38. ^ a b Collins, Tom. “Stage-struck Songsters: Operetta in Territorial Prescott”. Star-Struck Settlers in the Sun-Kissed Land: the Amateur Theatre in Territorial Prescott, 1868-1903. Prescott, Arizona: Sharlot Hall Museum. 2014年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月6日閲覧。
  39. ^ a b Three Wives' Tale: Wyatt Earp” (2005年9月28日). 2012年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月25日閲覧。
  40. ^ Eppinga, Jane (2001). Tombstone. Charleston, S.C.: Arcadia. ISBN 978-0-7385-2096-4. オリジナルのMay 4, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=GMeku7UbQooC&lpg=PA58&dq=josephine%20marcus%20behan%20yavapai%20county&pg=PA62#v=onepage&q=josephine%20marcus%20behan%20yavapai%20county&f=false. 
  41. ^ a b c Tefertiller, Casey (1997). Wyatt Earp: the Life Behind the Legend. New York: J. Wiley. ISBN 978-0-471-18967-1. 
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m n Jay, Roger. Face To Face: Sadie Mansfield/Josephine Sarah Marcus. 6. Wild West History Association Journal. pp. 36–55. 
  43. ^ a b Michno, Gregory F. (2003). Encyclopedia of Indian Wars: Western Battles and Skirmishes, 1850-1890. Missoula, Mont.: Mountain Press Pub. Co.. ISBN 978-0-87842-468-9. 
  44. ^ Mansfield/Marcus (Part One)” (2013年3月19日). 2014年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月10日閲覧。
  45. ^ a b c Riggs, Ed (May 2010). “Tombstone 1881: A Sampling of Rogues—A Glorification of Thugs”. Sierra Vista Historical Society Newsletter 8 (2). オリジナルのMarch 26, 2012時点によるアーカイブ。. http://svhsaz.org/newsletters/10maynewsletter.pdf 2011年6月30日閲覧。. 
  46. ^ a b Metz, Leon C. (2002). The Encyclopedia of Lawmen, Outlaws, and Gunfighters. New York: Checkmark. ISBN 978-0-8160-4544-0. 
  47. ^ Victoria Zaff Gravestone”. 2009年8月6日閲覧。
  48. ^ Johnson, David (2008). John Ringo, King of the Cowboys : His Life and Times from the Hoo Doo War to Tombstone. Denton, Texas: University of North Texas Press. p. 157. ISBN 978-1574412437. オリジナルのJune 9, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=7mT_E8MS2koC. 
  49. ^ Josephine Sarah Marcus”. 2012年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月30日閲覧。
  50. ^ Wagoner, Jay J. (1970). Arizona Territory 1863-1912: A Political History. Tucson: University of Arizona Press. p. 511. ISBN 0-8165-0176-9. 
  51. ^ Machula, Paul R. (2010年12月12日). “Al Sieber”. Arizona History. East Central Arizona History. 2011年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月4日閲覧。
  52. ^ Al Sieber”. Arizona History Page. 2011年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月3日閲覧。
  53. ^ Making The West: Approaches to The Archaeology of Prostitution on the 19th-Century ining Frontier”. UNIVERSITY OF ARIZONA. 2017年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月9日閲覧。
  54. ^ “Local Intelligence”. Arizona Weekly Miner (Prescott, Arizona: Chronicling America: Historic American Newspapers. Library of Congress). (1875年2月5日). オリジナルの2014年9月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140912054122/http://chroniclingamerica.loc.gov/lccn/sn82014898/1875-02-05/ed-1/seq-3/ 
  55. ^ “Mail Matters”. Arizona Weekly Miner (Prescott, Arizona: Chronicling America: Historic American Newspapers. Library of Congress). (1875年2月5日). オリジナルの2014年9月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140912065756/http://chroniclingamerica.loc.gov/lccn/sn82014898/1875-04-09/ed-1/seq-3/ 
  56. ^ a b c United States Census, United States Census, 1880; Tip Top, Yavapai, Arizona Territory; roll 37, page 413A,, enumeration district 22. Retrieved on June 20, 2011.
  57. ^ Hittell, John S. (1878). A History City of San Francisco and Incidentally of the State of California. San Francisco: A. L. Bancroft & Company. 
  58. ^ Smith, James R. (2005). San Francisco's Lost Landmarks. Sanger, Calif.: Word Dancer Press. ISBN 9781884995446. 
  59. ^ Rochlin, Harriet. “The Earps: Josie and Wyatt's 47-Year Odyssey”. 2014年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月29日閲覧。
  60. ^ Bart, Black. “I Married Wyatt Earp – The Recollections of Josephine Sarah Marcus Earp”. Book Review. 2011年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月14日閲覧。
  61. ^ Urban, William (2003). Wyatt Earp: the O.K. Corral and the Law of the American West (1st ed.). New York: PowerPlus Books. ISBN 978-0-8239-5740-8. オリジナルのJune 10, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=RUA2TSS3d8UC&pg=PA63. 
  62. ^ a b c d e Rasmussen, Cecilia (2000年6月4日). “LA Then and Now: Mrs. Wyatt Earp Packed Her Own Punch”. Los Angeles Times. オリジナルの2012年1月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120105062802/http://articles.latimes.com/2000/jun/04/local/me-37325 2011年6月29日閲覧。 
  63. ^ a b Barra, Alan (December 1998). “Who Was Wyatt Earp?”. American Heritage Magazine 49 (8). オリジナルのMay 7, 2006時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060507101535/http://www.americanheritage.com/articles/magazine/ah/1998/8/1998_8_76.shtml. 
  64. ^ Aker, Andrea (2009年10月19日). “Doc Goodfellow: Arizona’s Gutsiest Physician from the Territorial Days”. 2013年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月4日閲覧。
  65. ^ a b Lady at the O.K. Corral: The True Story of Josephine Marcus Earp, by Ann Kirschner”. www.historynet.com (2013年5月31日). 2018年2月28日閲覧。
  66. ^ Testimony of Wyatt S. Earp in the Preliminary Hearing in the Earp-Holliday Case”. Famous Trials: The O. K. Corral Trial (2005年). 2011年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月6日閲覧。 From Turner, Alford (Ed.), The O. K. Corral Inquest (1992)
  67. ^ The Split”. TrueWestMagazine.com. True West (2001年11月1日). 2015年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月7日閲覧。
  68. ^ The Earps, Doc Holliday, & The Blonger Bros”. BlongerBros.com. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月7日閲覧。
  69. ^ a b c Marks, Paula Mitchell (1996). And Die in the West: The Story of the O.K. Corral Gunfight (paperback ed.). Norman, Okla.: University of Oklahoma Press. ISBN 978-0-8061-2888-7. 
  70. ^ a b c d e f g Kirschner, Ann (March 5, 2013). Lady at the O.K. Corral: The True story of Josephine Marcus Earp. New York, NY: HarperCollins. ISBN 9780062199003. https://books.google.com/?id=zxTO2ns3mV8C&pg=PT117&lpg=PT117&dq=wyatt+earp+teetotaler 2014年1月27日閲覧。. 
  71. ^ “Passengers Due This Evening”. Los Angeles Herald 17 (29): p. 3. (1882年3月25日). オリジナルの2014年11月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141112000917/http://cdnc.ucr.edu/cgi-bin/cdnc?a=d&d=LAH18820325.2.21&srpos=1&e=01-03-1882-01-04-1882--en--20-LAH-1--txt-txIN-Passengers+Due+This+Evening++earp------ 2014年10月2日閲覧。 
  72. ^ Dodge, Fred; Lake, Carolyn (1999). Under Cover for Wells Fargo The Unvarnished Recollections of Fred Dodge. Norman, Oklahoma: University of Oklahoma Press. p. 336. ISBN 978-0-8061-3106-1. オリジナルのApril 25, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=4n8-tmFvI7wC&pg=PA38. 
  73. ^ Standard Certificate of Death”. State of Arizona Department of Commerce. 2011年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月12日閲覧。
  74. ^ Crawford, Nissa J. (April 1996). High-Strung Hustler. Prism: the changing American west. オリジナルのMarch 25, 2012時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120325005722/http://www.journalism.sfsu.edu/www/pubs/prism/apr96/26.html 2011年6月6日閲覧。. 
  75. ^ Long Green's Bodyguard Swears he is a Poor Man”. San Francisco Call. p. 7 (1896年12月9日). 2015年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月22日閲覧。
  76. ^ Ghost Towns: Eagle City”. 2012年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月3日閲覧。
  77. ^ Reidhead, S. J.. “Wyatt Earp, Senior Citizen”. 2011年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月9日閲覧。
  78. ^ San Diego Walking Tour: Gaslamp Quarter”. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月30日閲覧。
  79. ^ a b Starr, Raymond G.. “Wyatt Earp: The Missing Years, San Diego In The 1880s”. San Diego History Center. 2011年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月8日閲覧。
  80. ^ Shady Ladies in the "Stingaree District" When The Red Lights Went Out in San Diego”. San Diego History Center. 2011年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月8日閲覧。
  81. ^ Peterson, Richard H.. “The Story of New San Diego and of its Founder Alonzo E. Horton”. San Diego History Center. 2011年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月8日閲覧。
  82. ^ a b Isenberg, Andrew (2013). Wyatt Earp: A Vigilante Life. New York, NY: Hill and Wang. p. 113. ISBN 978-0-8090-9500-1. 
  83. ^ Wyatt Earp, Senior Citizen”. Tombstone History Archives. 2014年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月31日閲覧。
  84. ^ a b Cataldo, Nicholas (January 1990). “The Real Wyatt Earp”. Odyssey (City of San Bernardino Historical and Pioneer Society) 12 (1). オリジナルのNovember 5, 2014時点によるアーカイブ。. http://www.sbhistoricalsociety.com/storage/Odyssey%20Vol%2012%20No%201P.pdf 2014年11月5日閲覧。. 
  85. ^ My Darling Clementine (1946)”. 2014年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月15日閲覧。
  86. ^ Wyatt Earp - North to Alaska - Kokomo Herald” (英語). www.kokomoherald.com (2014年4月24日). 2018年6月23日閲覧。
  87. ^ Raid an Official's Treasure”. San Francisco Call (1897年10月11日). 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月1日閲覧。
  88. ^ Raid an Official's Treasure”. San Francisco Call (1897年10月11日). 2015年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月1日閲覧。
  89. ^ Wyatt Earp”. Hougon Companies. 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月16日閲覧。
  90. ^ DeArment, Robert K. (1996). Alias Frank Canton. Norman: University of Oklahoma Press. p. 223. ISBN 978-0-8061-2900-6. オリジナルの2016-06-24時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=-OVbppVUWDAC&pg=PA223&lpg=PA223 2015年11月16日閲覧。. 
  91. ^ History”. 2009年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月16日閲覧。
  92. ^ Morgan, Lael (1999). Good Time Girls of the Alaska-Yukon Gold Rush. Fairbanks, Alaska: Epicenter Press. p. 169. ISBN 978-0945397762. 
  93. ^ a b Wyatt Earp in Seattle”. Wild West (2007年8月3日). 2012年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月25日閲覧。
  94. ^ Seattle newspaper reports on November 25, 1899, that Wyatt Earp will open a gambling house in the city.”. www.historylink.org. 2018年3月9日閲覧。
  95. ^ "1900 United States Federal Census for Mrs W S Earp", United States Census, 1900; Northern Supervisors District, Nome City, Alaska; page 392,, enumeration district 0003, The territory from and including Port Clarence to Cape Darby.. Retrieved on June 6, 2018.
  96. ^ “Personal Notes”. Los Angeles Herald (73). (1901年12月13日). オリジナルの2015年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151117031934/http://cdnc.ucr.edu/cgi-bin/cdnc?a=d&d=LAH19011213.2.161&srpos=2&e=-------en--20--1--txt-txIN-wyatt+earp+nome+alaska-------1 2015年11月16日閲覧。 
  97. ^ Earp Historical Timeline San Francisco and Alaska”. 2008年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月6日閲覧。
  98. ^ Wyatt Earp in Hollywood”. True West (2015年10月). 2015年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月5日閲覧。
  99. ^ Earp Cottage Vidal, California”. Historical Marker Database. 2011年6月30日閲覧。
  100. ^ Gilchriese, John D.. “The Life and Times of Wyatt Earp”. 2012年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月28日閲覧。
  101. ^ Wyatt Earp”. The Natural American. 2011年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月11日閲覧。
  102. ^ Wyatt Earp”. Historical Marker Database. 2011年6月30日閲覧。
  103. ^ Wyatt On the Set!”. True West Magazine (2012年5月7日). 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月5日閲覧。
  104. ^ Johnny, Hughes (2012). Famous Gamblers, Poker History, and Texas Stories. Iuniverse. ISBN 978-1475942156. 
  105. ^ Mrs. Earp”. New York Times (2013年5月31日). 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月30日閲覧。
  106. ^ Earp's Many Colors”. San Francisco Call, (1896年12月14日). 2015年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月2日閲覧。
  107. ^ Lang, Arne K. (2008). Prizefighting: An American History. Jefferson, N.C.: McFarland & Co.. pp. 236–237. ISBN 978-0786436545. オリジナルのJanuary 7, 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=FQ9CMH01BccC&pg=PA237 2014年10月30日閲覧。. 
  108. ^ Earp Historical Timeline Page 12 The Final Years”. 2008年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月6日閲覧。
  109. ^ Hornung, Chuck (English). Wyatt Earp's Cow-Boy Campaign: The Bloody Restoration of Law and Order Along the Mexican Border, 1882. McFarland. ISBN 9781476663449. 
  110. ^ Fleig, Merrill. “Wyatt Earp Years 1919 - 1929”. オリジナルの2014年11月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141105092254/http://usdmwe.com/Page_5.htm 2014年11月5日閲覧。 
  111. ^ Hutton, Paul (1995). “Showdown at the Hollywood Corral, Wyatt Earp and the Movies”. Montana: The Magazine of Western History (Summer 1995). 
  112. ^ Hutton, Paul (1995). “Showdown at the Hollywood Corral, Wyatt Earp and the Movies”. Montana: The Magazine of Western History (Summer 1995). 
  113. ^ Rebecca Wiener (Levy)”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月11日閲覧。
  114. ^ Sophie Marcus”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月11日閲覧。
  115. ^ Henrietta Lehnhardt”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月11日閲覧。
  116. ^ Nathan Marcus”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月11日閲覧。
  117. ^ a b c d Cemetery of the Week #116: Wyatt Earp’s gravesite” (2013年11月14日). 2009年8月6日閲覧。
  118. ^ Evans, Leslie. “Wyatt Earp”. West Adams Heritage Association. 2011年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月5日閲覧。 Quoted from, I Married Wyatt Earp p. 207
  119. ^ Wyatt Berry Stapp Earp - Find a Grave
  120. ^ “Wyatt Earp’s Marker Stolen”. Madera Tribune 66 (46): 2. (July 8, 1957). https://cdnc.ucr.edu/cgi-bin/cdnc?a=d&d=MT19570708.2.37&srpos=7&e=-------en--20--1--txt-txIN-%22wyatt+earp%22-------1 2018年2月22日閲覧。. 
  121. ^ Wyatt Earp's Secret Burial”. 2014年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月30日閲覧。
  122. ^ Ortega, Tony (1998年12月24日). “How the West Was Spun”. 2012年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月29日閲覧。
  123. ^ Albanese, Andrew Richard (2000年2月8日). “Bogus bride”. Salon.com. 2011年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月29日閲覧。
  124. ^ Ortega, Tony (1999年3月4日). “I Varied Wyatt Earp”. Phoenix New Times. 2012年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月29日閲覧。
  125. ^ Ortega, Tony (1998年12月24日). “How the West Was Spun”. 2012年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月29日閲覧。
  126. ^ Brien, DL (2006). Tess Brady and Nigel Krauth. ed. The Power of Truth: Literary Scandals and Creative Nonfiction. Brisbane: Post-Pressed. 
  127. ^ Blaise Cronin, ed (2006). Annual Review of Information Science and Technology. Medford, N.J.: Information Today. ISBN 978-1-57387-242-3. 
  128. ^ Merwin, Ted (2011年5月24日). “Wyatt Earp’s Jewish Wife Gets Her Due”. The Jewish Week. オリジナルの2011年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110616005621/http://www.thejewishweek.com/arts/theater/wyatt_earps_jewish_wife_gets_her_due 2011年6月7日閲覧。 

外部リンク[編集]

Template:Cochise County Conflict