コンゴ共和国 (レオポルドヴィル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンゴ共和国
(1960-1964)
コンゴ民主共和国
(1964-1971)
République du Congo
(1960-1964)
République démocratique du Congo
(1964-1971)
ベルギー領コンゴ 1960年 - 1971年 ザイール共和国
コンゴ民主共和国の国旗 コンゴ民主共和国の国章
国旗 国章
国の標語: "Justice – Paix – Travail" (:正義、平和、労働)
国歌: Debout Congolais
"起てコンゴ人よ"
コンゴ民主共和国の位置
公用語 フランス語
言語 リンガラ語コンゴ語スワヒリ語ルバ語
首都 レオポルドヴィル
(1966年キンシャサと改名)
大統領
1960年 - 1965年 ジョセフ・カサブブ
1965年 - 1971年(1997年) モブツ・セセ・セコ
首相
1960年 - 1961年 パトリス・ルムンバ(初代)
面積
2,345,410km²
変遷
ベルギーより独立 1960年6月30日
コンゴ民主共和国に改名 1964年8月1日
モブツによるクーデター 1965年11月25日
ザイール共和国に改名 1971年10月27日
通貨 コンゴ・フラン
現在  コンゴ民主共和国

コンゴ共和国: République du Congo)またはコンゴ・レオポルドヴィルは、1960年ベルギー領コンゴベルギーから独立して成立した国である。国名は「コンゴ共和国」だが、全く同名の隣国(1960年フランスから独立、こちらは首都名をとって「コンゴ・ブラザヴィル」等と呼ばれた)と区別するため、首都レオポルドヴィル(1966年にキンシャサと改名)の名前を付して「コンゴ・レオポルドヴィル」等と呼ばれた。

建国当初からコンゴ動乱が始まり、コンゴ国内は混乱した。1964年8月1日この国家は隣国のコンゴ・ブラザヴィルとの区別を目的としてコンゴ民主共和国: République démocratique du Congo)と改名された。1965年にモブツ・セセ・セコクーデターを起こして独裁体制を確立した。これによってコンゴ動乱は終結した。モブツはその後、「ザイール化政策」を推進し、1971年に植民地時代の名残を排除するために国名をザイールに改称した。その後、コンゴ民主共和国の名は1997年に復活する。