クセニア・メルニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クセニア・メルニク(Kseniya Melnik、1983年 - )は、ロシア北東部のマガダン生まれの作家。1998年、15歳で家族とともにアメリカ合衆国のアラスカ州に移住。ニューヨークのコルゲート大学で社会学を学ぶ。その後、様々な職業を経験。文芸誌に小説を書き始める。

処女作の『5月の雪』は、国際ディラン・トマス賞の最優秀賞、フランク・オコナー国際短編賞を受賞した。ニューヨーク大学で創作の修士号を取得してからは、教職と並行して次の作品を執筆。"Ghost in my Yourth"(仮題(我が青春のゴーストタウン」)というタイトルが告知されている。ロサンゼルス在住[1]

著作[編集]

  • "Snow in May" 2014年(邦訳『5月の雪』新潮社 2017年) - 第一短編集

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.kseniyamelnik.com/about.html 公式サイトの中のaboutの項目。2019.5.1.閲覧

外部リンク[編集]