アール・デア・ビガーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アール・デア・ビガーズ
Earl Derr Biggers
誕生 1884年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 1933年
職業 作家
ジャンル ミステリー
代表作 『カーテンの彼方』
デビュー作 『ポルドペイトへの7つの鍵』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アール・デア・ビガーズ(Earl Derr Biggers、1884年 - 1933年)は、アメリカ推理作家。中国人探偵「チャーリー・チャン」シリーズの作者として知られる。

経歴[編集]

1884年 、オハイオ州ウォレンに生まれ、ハーヴァード大学を卒業後、1907年に「ボストン・トラベラー」紙に入社。1913年に「ポルドペイトへの7つの鍵」という探偵小説を発表し、ブロードウェイで戯曲化されて上演。1925年に中国人探偵の登場する長編「鍵のない家」を発表。チャーリー・チャンは、6長編が出版され、多数の映画が作られた。

主な著作[編集]

チャーリー・チャンもの[編集]

  • The House Without a Key (1925年) シリーズ最初の長編。『鍵のない家』
  • The Chinese Parrot (1926年) 第2長編。『中国のオウム[1]
  • Behind That Curtain (1928年) 『カーテンの彼方[2]』 - 数度にわたり映画化。
  • Black Camel (1929年) 『黒い駱駝』
  • Charlie Chan Carries on (1930年) 『世界観光団の殺人[3]
  • The Keeper of the Keys (1930年) 『チャーリー・チャン最後の事件[4]

ノンシリーズ[編集]

  • Seven Keys to Baldpate (1913年) 処女長編。『ポルドペイトへの7つの鍵』 のちに戯曲化および映画化。
  • Love Insurance (1914年)
  • Fifty Candles (1926年) 中編。『五十本の蝋燭』 - 日本語訳は、「別冊宝石45(極端な抄訳)」('55)のみ。
  • The Dollar Chasers (1928年) 中編。『一ドル銀貨を追え』

キャラクター提供[編集]

チャーリー・チャンもの[編集]

  • Charlie Chan in London (1930年)  - 同題映画 (1934年)の脚本。Warner Olandgaがチャン警部を演じ、レイ・ミランド らが出演。
  • Charlie Chan in Paris (1930年)  - 同題映画 (1935年)の脚本。Warner Olandga主演。DVDがTwentieth Century Fox Home Videoから発売(英語版)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 早川書房では「シナの鸚鵡」(ハヤカワポケットミステリ162)
  2. ^ 東京創元社では「チャーリー・チャンの追跡」(創元推理文庫122-2)
  3. ^ 東京創元社では「チャーリー・チャンの活躍」(創元推理文庫122-1)
  4. ^ 邦題は論創社「論創海外ミステリ82」のもの。