アーザル・カイヴァーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アーザル・カイヴァーンĀẕar Kayvān)は、16-17世紀のゾロアスター教の聖職者である。1529年から1533年のいずれかの年にパールス地方イスタフル英語版で生まれ、1570年前後にアクバル・シャー宗教改革英語版に魅力を感じてムガル帝国に移住し、パトナで道場を開いて弟子たちを集めた(#生涯)。アーザル・カイヴァーンと弟子たちの思想はゾロアスター教におけるスーフィズムであり、照明学派英語版(イシュラーキー)とも呼ばれる(#思想)。

生涯[編集]

「アーザル・カイヴァーン」という名前は「炎の土星」を意味し、ゾロアスター教徒名としてもイスラーム教徒名としても珍しい[1]。おそらくは尊号(ラカブ)である[1]

アーザル・カイヴァーンの生涯について、詳細なことはわかっておらず、知られていることのほとんどは、その弟子たちが書いた聖典からの引用である[2]。アーザル・カイヴァーン学派の聖典の一つ、『ダサーティール』によれば、アーザル・カイヴァーンは、カヨーマルト王や英雄フェリドゥーンの末裔であるアーザル・ガシャースブ(Azar Gashasb)の息子である[2]。そして「古代イランの預言者らによる預言」によると、カヨーマルト王は大いなる預言の周期が開始されたまさにその時点に現れた人物であり、始祖なるアダムその人に他ならない、とされる[2]。また、アーザル・カイヴァーンの母の名前はシーリーンといい、公正なるホスロー・アノーシルヴァーンの末裔である、とされる[2]

アーザル・カイヴァーン学派の聖典の一つ、『ダベスターネ・マザーヒブ英語版』によると、アーザル・カイヴァーンは幼い頃から瞑想にふける生涯を送る兆しがあった[2]。眠っているときに見た夢や白昼に幻視した夢の中で、古代イランの賢人たちに会い、さまざまなことを教わったため、マドラサでは何を聞かれても並外れた答えを返した[2]。そのため「諸学を修めた者」(ズル・ウルーム)というあだ名を得た、とされる[2]

『ダサーティール』や『ダベスターネ・マザーヒブ』などの複数の聖典をつき合わせて検討してみると、彼は最初、パールス地方イスタフル英語版にいて、そこで30年から40年の間、弟子たちと共に修行していた[2]。1570年ごろ、ムガル朝アクバル・シャーの宗教改革に魅力を感じてエスタフルからパトナへと移住した[2]。その後、85歳前後で、同地にて没した[2]

思想[編集]

アンリ・コルバンによると、アーザル・カイヴァーンの思想は、サファヴィー朝下のイスファハーンで勃興した哲学復興運動を担ったシーア派神秘思想家に影響を与えた(イスファハーン学派[2]。『ダベスターネ・マザーヒブ』の著者に小ファルザーネ・バフラーム(Farzāna Bahrām “Junior”)という人物が直接語ったところによると、バハーウッディーン・アーミリー英語版は、アーザル・カイヴァーンに偶然出会ったとき、その出会いが非常に実り多いものであったため、自分が弟子の一員であるかのように感じたという[2]ミール・フェンデレスキー英語版もアーザル・カイヴァーンの影響を受けた一人であって、サンスクリット語で書かれたヨーガに関する文献のペルシア語への翻訳に取り組んだ[2]

アクバル・シャーに感銘を与え、シャーよりナヴサーリー英語版パールスィー(ゾロアスター教徒)のための領地を得たダシュトゥール英語版メヘルジ・ラナ英語版が、アーザル・カイヴァーンの弟子であるという説もある[3]

出典[編集]

  1. ^ a b 青木, 健 (2016). “イスラーム思想史におけるアーザル・カイヴァーン学派(第六部会,研究報告,<特集>第74回学術大会紀要)”. 宗教研究 89 (Suppl): 262-263. doi:10.20716/rsjars.89.Suppl_262. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Corbin, Henry. "ĀẔAR KAYVĀN" in Encyclopedia Iranica vol. III:183-187.
  3. ^ FIRST DASTUR MEHERJI RANA: By Noshir Dadrawala

発展資料[編集]

  • Modi, Jamshid Jivanji Jamshedji (1932). "Dastur Azar Kayvan with his Zoroastrian High Priests in Patna in the 16th and 17th centuries," Journal of the K.R. Cama Oriental Institute (20): 1-85.
  • Tavakoli-Targhi, Mohamad (1996). "Contested Memories: Narrative Structures and Allegorical Meanings of Iran's Pre-Islamic History," Iranian Studies 29: 1-2, 149-175.
  • Dabestan-i-Mazahib or School of Religious Doctrines