アサス・ド・ポルトガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アサス・ド・ポルトガル
Asas de Portugal
Asas de Portugal - RIAT 2008 (3160555457).jpg
2008年7月 2008ロイヤル・インターナショナル・エア・タトゥーのアサス・ド・ポルトガル。機体はアルファジェットA。
創設 1977年
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
軍種 Roundel of Portugal.svg ポルトガル空軍
任務 曲芸飛行展示飛行
基地 第11航空基地
彩色 白、黒、赤、緑
使用作戦機
攻撃機 アルファジェットA (1997年-2016年現在使用中)
練習機 セスナ T-37C (1977年-1992年)

アサス・ド・ポルトガル[注釈 1](葡:Asas de Portugal)は、ポルトガル空軍の公式ディスプレイチームである。チーム名の和訳は「ポルトガルの翼」[注釈 1]。本記事では、無名チーム時代も併せて記述する。

概要[編集]

1962年、ポルトガルにT-37C練習機の供給が始まると、ポルトガル空軍はこの頃から試験的に曲芸飛行を開始した。

1977年、第102飛行隊"Panchos"内にT-37C練習機6機によるアクロバットチームが編成された。チーム名はアサス・ド・ポルトガルと名付けられた。アサス・ド・ポルトガルは、1992年の解散までに146の航空ショーに出場し、このうちヨーロッパ域外への出張は40回を数えた。

1997年6月27日、アルファジェットA攻撃機を装備していた第103飛行隊"Caracóis"内に士官7名による臨時のディスプレイチーム[注釈 2]が編成された。この無名のチームは、シントラで開催されたポルトガル空軍創設45周年記念式典に出場した。チームは1998年に解散したが、ポルトガルの航空機ファンは、アサス・ド・ポルトガルの復活を願った。

2001年、翌年に控えたポルトガル空軍創設50周年記念式典のため、第103飛行隊内にアルファジェットA攻撃機2機によるアクロバットチームが編成された。

2005年、第103飛行隊内にアルファジェットA攻撃機4機によるアサス・ド・ポルトガルが、空軍の公式アクロバットチームとして再編成された。アサス・ド・ポルトガルはロイヤル・インターナショナル・エア・タトゥーをはじめとする多くの航空ショーに参加した。アサス・ド・ポルトガルは2010年に整備上の理由により一旦活動を休止したが、その後活動を再開し、ポルトガル国内で開催される航空ショーやエアレースに出場している。

画像集[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 表記は航空ファンイラストレイテッドに従う。
  2. ^ アクロバットチームではない。

参考文献[編集]

  • 梶田達二 航空ファン別冊 航空ファンイラストレイテッド No. 26 『世界のアクロバットチーム』、文林堂、1985年。雑誌コード 03744-6
  • Gérard PALOQUE 『AEROBATIC TEAMS』、Historie & Collections、2010年。ISBN 978-2-35250-168-8